現在の位置

令和2年度成人用肺炎球菌予防接種事業について

高槻市では、令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)までの間、令和2年度成人用肺炎球菌予防接種事業を実施します。

全国と同様、本市においても、肺炎は死因の高い割合を占めております。肺炎の原因菌としては肺炎球菌が最も頻度が高く、髄膜炎等の重篤な合併症を引き起こす比率も高くなります。

肺炎球菌には93種類の血清型がありますが、この予防接種ではそのうちの23種類の血清型に効果があり、成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。 
なお、内容は下記のとおりです。

事業概要

1.接種期間

令和2年4月1日(水曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

2.費用助成対象者

1.令和2年度に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる人
     ※下記の生年月日に該当する人が対象者となります。

65歳

昭和30年4月2日から昭和31年4月1日

70歳

昭和25年4月2日から昭和26年4月1日

75歳

昭和20年4月2日から昭和21年4月1日

80歳

昭和15年4月2日から昭和16年4月1日

85歳

昭和10年4月2日から昭和11年4月1日

90歳

昭和5年4月2日から昭和6年4月1日

95歳

大正14年4月2日から大正15年4月1日

100歳

大正9年4月2日から大正10年4月1日

 

2.満60歳以上65歳未満の人で、心臓機能障がい、腎臓機能障がい、呼吸器機能障がい、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がいのいずれかを対象とした障がい者手帳1級を所持している人

なお、過去に成人用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は、費用助成の対象外となります。
また、5年以内に再接種すると注射部位の痛みなどの副反応が強く出ることがあります。

3.接種回数

1回

4.接種医療機関

まずは、かかりつけ医に相談し、必ず予約をしてから接種してください。
※接種の際は、保険証等の本人確認ができるものを持参してください。

かかりつけ医で接種できない場合は、下記接種医療機関一覧をご利用いただき、事前に医療機関にお問い合せください。

 

成人用肺炎球菌予防接種実施医療機関一覧(PDF:209KB)

5.接種費用

2,000円

6.高槻市及び島本町以外で接種を希望される場合

高槻市及び島本町以外で予防接種を受けられる場合は、接種費用を全額医療機関にお支払いいただいた後に、償還払いの申請をしていただくことになります。また、「予防接種依頼書」が必要ですので、接種する前に高槻市保健所まで申請してください。
 

接種費用は医療機関によって異なりますので、事前に接種する医療機関にお問い合せください。
 

「予防接種依頼書」の発行申請書は、下部のリンクをご覧ください。

予防接種依頼書発行申請書(PDF:74.1KB)

費用免除について

下記の対象者は接種費用2,000円を全額助成します。
「成人用肺炎球菌予防接種費用無料証明書」を発行しますので、接種前に下記窓口へ申請してください。
この証明書を持って高槻市、島本町の委託医療機関で接種した場合は、接種費用が無料になります。

免除対象者

上記事業対象者のうち、生活保護世帯、市民税非課税世帯、中国残留邦人等の支援給付を受けている人
※市民税非課税世帯とは、住民票の世帯の構成員が全員非課税である世帯です。

申請期間

令和2年4月1日(水曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

申請方法

1.窓口での申請

保健予防課(高槻市保健所1階)
西部地域保健センター(富田町2丁目)
※時間はいずれも平日午前8時45分~午後5時15分

2.郵送での申請

郵送での申請も受け付けますが、証明書の返送までに時間がかかりますので御了承ください。

<送付先>

〒569-0052 高槻市城東町5番7号
高槻市保健所 保健予防課 「成人用肺炎球菌予防接種担当」

3.簡易電子申込サービスによる申請

インターネットからも申請ができます。

※接種者と申請者が異なる場合は、受け付けできませんのでご注意ください。

<申請先>

高槻市成人用肺炎球菌予防接種無料証明書発行申請(下記リンクから簡易電子申し込みサービスへ)

 

外部サイトへ簡易電子申込サービス

申請書

保健予防課(高槻市保健所1階)、西部地域保健センターで配架しています。

※接種者と申請者が異なる場合は委任状が必要です。ただし、同一世帯の人は不要です。

予防接種費用無料証明書交付申請書(PDF:184.1KB)

委任状(PDF:32.4KB)

償還払いについて

費用免除対象者が接種費用を支払った場合や、高槻市外で接種したため2,000円以上の費用負担が発生した場合には、償還払い申請をすることで接種費用の払戻しを受けることが出来ます。
※市が定める払い戻し上限額は7,485円です。

申請窓口

保健予防課(高槻市保健所1階)
※時間は平日午前8時45分~午後5時15分
郵送での申請も可能です。

必要書類

  1. 費用償還申請兼請求書
  2. 接種金額が記載された領収書(原本)
    ※領収書には、必ず予防接種を受けた人のお名前、医療機関名、接種金額が記載されているものに限ります。
  3. 予防接種済証(コピー可)
  4. (窓口申請の場合)印鑑
  5. (窓口申請の場合)振込先の預金通帳番号

償還払申請書(令和2年度)(PDF:163.1KB)

償還払申請書(令和元年度)(PDF:180.3KB)

成人用肺炎球菌予防接種による健康被害救済について

成人用肺炎球菌予防接種により、重篤な副反応の発生などにより健康被害が生じた場合は、法律に基づき、医療費および医療手当等、その健康被害に応じた給付を受けることができます。

健康被害救済制度の相談窓口

厚生労働省
電話:03-5253-1111(内線 2100、2078)  ファックス:03-3581-6251
受付日時:平日10時~18時

市営バスで保健所へ行く

のりば 行先 下車停留所
JR高槻駅南 ・阪急高槻駅4番

JR発
下田部団地経由・車庫前
阪急発
下田部団地経由・車庫前

城東町

地図情報

地図
お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健予防課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9332
ファクス番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる