現在の位置

豚は生で食べないで!

豚の食肉や内臓を生食用として販売・提供することが平成27年6月12日から禁止されました

これは豚のお肉や内臓を生で食べるとE型肝炎ウイルスや食中毒菌による重い食中毒が発生する危険があるからです。

「新鮮」かどうかは、関係ありません。お肉や内臓は中心部まで十分に加熱して食べましょう。

消費者のみなさまへ

豚の食肉や内臓は生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう。

 

また、豚以外の獣畜や鶏などの肉や内臓についても、中心部まで十分に加熱して食べましょう。

リーフレット(PDF:489.4KB)

事業者のみなさまへ

豚の食肉や内臓を生食用として提供・販売することが禁止されました!

飲食店事業者の方へ

  • 豚の食肉や内臓は加熱用として提供しなければなりません。
  • 豚の食肉や内臓を原料として調理する場合は、中心部まで十分に加熱しなければなりません。(中心部63℃30分以上の加熱殺菌、又は同等以上の殺菌効果のある方法として中心部の温度を75℃1分以上の加熱殺菌)
  • 中心部まで十分な加熱が必要である旨をメニューに掲載する等、消費者に対して、情報提供しなければなりません。
  • 消費者が自ら調理し、喫食するために、未加熱の豚の食肉や内臓を提供する際には、必ず加熱用設備を提供して下さい。
  • 消費者が生で食べている場合等には、加熱して食べるよう重ねて注意喚起して下さい。

 

食肉販売事業者の方へ

  • 豚の食肉や内臓は加熱用として販売しなければなりません。
  • 加熱されていない豚の食肉や内臓を販売する際には、中心部まで十分な加熱が必要である旨を掲示等により情報提供しなければなりません。

新規格基準の内容

詳しくは、以下通知をご覧下さい。

食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(平成27年6月2日厚生労働省医薬食品局安全部長通知)(PDF:94.5KB)

関連リンク

外部サイトへ豚のお肉や内臓を生食するのは、やめましょう(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへお肉はよく焼いて食べよう(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへE型肝炎ウィルスの感染事例・E型肝炎Q&A(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
ファクス番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる