現在の位置

ノロウイルス食中毒の防止について

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。

ノロウイルス食中毒を防止するため、次のことに留意してください。

手洗いのイラスト

調理する人の健康管理

  • 普段から感染しないように食べものや家族の健康状態に注意する。
  • 症状があるときは、食品を直接取扱う作業をしない。

手洗い

  • トイレの後、調理をする際や食事の前にはよく手を洗う。

外部サイトへノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗い(動画)

食品の加熱調理

  • カキなどの二枚貝の生食は極力避け、中心部まで十分に加熱(85℃~90℃、90秒間以上)する。

調理器具の洗浄・消毒

  • ノロウイルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウムが有効。
  • 調理器具の使用後には洗浄・消毒を徹底し、調理器具を介した二次汚染を防止する。

嘔吐物・ふん便処理

  • 嘔吐物等を処理するときは、使い捨てのマスクとビニール手袋を着用し、拭き取った嘔吐物等や使用した雑巾はビニール袋に密封し、廃棄する。
  • 処理後は、石けんでよく手を洗う。
  • 嘔吐した場所は、塩素系漂白剤で消毒する。
  • 嘔吐物等で汚れた衣類は他の衣類と分けて、塩素系漂白剤で消毒してから洗う。
  • ノロウイルスは乾燥すると空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、嘔吐物等は速やかに処理する。

外部サイトへノロウイルス食中毒予防対策リーフレット

外部サイトへ手洗いの手順リーフレット

関連リンク

外部サイトへノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへ家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる