現在の位置

平成30年度第3四半期食品衛生監視指導実施結果について

平成30年度第3四半期食品衛生監視指導実施結果

食は、すべての市民にとって1日も欠かすことのできない生活の基本要素です。

市は平成30年3月に策定した、平成30年度高槻市食品衛生監視指導計画に基づき、市内で製造、流通そして消費される食品の安全性を確保するため、監視、検査及び指導を実施しているところです。

今般、平成30年度第3四半期(10月1日から12月31日まで)の実施結果(概要)がまとまりましたので、お知らせします。

平成30年度高槻市食品衛生監視指導計画の策定について

監視・指導

食品を起因とする健康被害の発生を未然に防止するため、食品関係施設への立入調査を実施し、施設の衛生管理状態等について監視指導を行いました。

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
許可施設※1 268件 360件 802件  
非許可施設※2 154件 151件 412件  
合計 422件 511件 1214件  

※1 飲食店や食品製造業で許可を要する施設

※2 営業許可を必要としない学校や病院等の給食施設など

 

食品等検査

野菜、冷凍食品及びそうざい等の食品について、残留農薬及び微生物汚染等の検査を実施しました。

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
細菌検査 31検体 43検体 44検体  
理化学検査 11検体 22検体 33検体  
合計 42検体 65検体 77検体  

 

食中毒・苦情関連検査

食中毒を疑う事例等で以下を対象に細菌検査等を実施しました。

  食品 便 吐物 ふきとり その他
第1四半期 0検体 10検体 0検体 4検体 0検体 14検体
第2四半期 0検体 6検体 0検体 4検体 0検体 10検体
第3四半期 0検体 2検体 0検体 0検体 0検体 2検体
第4四半期            

 

簡易検査

小・中学校給食施設の一斉監視時、スタンプ検査による作業環境検査を132検体実施しました。(第1四半期及び第3四半期に実施)

 

食品苦情処理件数

食品への異物混入や期限切れ食品の販売、施設の衛生面等についての苦情を受け付け、原因調査や営業者への指導を実施しました。

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
苦情件数 38件 35件 24件  

 

食品相談件数

営業許可や食品の取扱い、施設の衛生面などについての相談を受け付けました。(市民からの食品に関する質問等も含みます。)

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
相談件数 264件 261件 237件  

 

食品衛生講習会の開催

食品衛生知識の向上及び食中毒発生予防に関する食品衛生講習会を実施しました。

  第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
回数 17回 11回 6回  
延べ人数 727名 656名 163名  

 

食中毒の発生状況

発生年月日 原因施設 患者数 原因食品 原因物質
平成30年4月1日 飲食店 6名 飲食店料理 カンピロバクター・コリ
平成30年7月23日 飲食店 3名 飲食店料理 カンピロバクター・ジェジュニ
お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる