現在の位置

狂犬病とは?

今から約60年前、日本国内では多くの犬が狂犬病と診断され、ヒトも狂犬病に感染し死亡していました。このような状況のなか狂犬病予防法が施行され、犬の登録、予防注射、野犬等の抑留が徹底されるようになり、わずか7年という短期間のうちに狂犬病を撲滅するに至っています。

現在、日本では狂犬病は発生しておりませんが、日本の周辺国を含む世界のほとんどの地域で依然として発生しており、日本は常に狂犬病の脅威にさらされていることから、万が一の侵入に備えた対策が重要となっています。

このような状況下で、犬の飼い主ができることは、一人一人が狂犬病に関して正しい知識を持ち、飼い犬の登録と予防注射を確実に行うことが必要であり、そうすることによって公衆衛生の向上と公共の福祉の増進に寄与しているということをしっかりと自覚していただければと思います。

 

狂犬病は過去の病気?

狂犬病発生地図

     世界の狂犬病発生状況(厚生労働省ホームページより抜粋)

世界保健機関(WHO)の発表では、世界中で毎年約6万人が狂犬病により亡くなっており、その大部分はアジアで犬による咬傷が原因となっているといわれております。日本では長年にわたり発生がないため、過去の病気と考えられる方もいらっしゃいますが、世界的には流行している地域の方が多く、人や物の国際間移動の激しい現代においては、想定される日本への侵入経路も多岐に渡ることから、侵入リスクをゼロにすることは困難です。

 

狂犬病にはどうやって感染するの?

狂犬病に感染した動物に咬まれることで、狂犬病ウイルスが体内に侵入すると感染が成立します。病名に「犬」とありますが、イヌだけでなくヒトを含むすべての哺乳類が感染します。

 

どんな症状が出ますか?

狂犬病に感染すると、症状の現れない潜伏期(ヒト:1~3カ月間程度、イヌ:2週間~2カ月間程度)を経て、以下のような症状が各ステージに現れます。

【ヒト】

○前駆期:発熱、食欲不振、咬傷部位の痛みや掻痒感

○急性神経症状期:不安感、恐水及び恐風症状、興奮性、麻痺、幻覚、精神錯乱などの神経症状

○昏睡期:昏睡(呼吸障害によりほぼ100%が死亡)

【イヌ】

○前駆期:性格の変化と行動の異常

○狂躁期:興奮状態(無目的な徘徊、目に入るものを頻繁に咬む)、光や音の突然刺激に対する過敏な反応

○麻痺期:全身の麻痺症状による歩行不能、咀嚼筋の麻痺による下顎下垂と嚥下困難、舌を口外に垂らしながら流涎、昏睡状態になり死亡

※狂躁期と麻痺期を明確に分けることは困難なことが多く、前駆期から麻痺期に移行することもある。

(厚生労働省ホームページより抜粋)

治療すれば治るの?

感染後、発症すると有効な治療方法はなく、ほぼ100%死亡します。

しかし、発症前の感染段階であれば、発症を回避するためのワクチン接種等が有効となりますので、狂犬病と思われる動物に咬まれた場合にはすぐに医療機関に相談してください。

なお、狂犬病発生国ではむやみに動物に近づかないようにしていただくとともに、動物との接触が避けられないような場合には、渡航前に狂犬病ワクチンの予防接種をしておくことが望ましいです。

また、万が一、狂犬病が日本で侵入した時の国内対策として、飼い犬に毎年1回狂犬病予防注射を行うことが飼い主の義務として法律で定められています。

 

 

 

狂犬病子ども

狂犬病予防リーフレット1狂犬病リーフレット2

 

 

平成25年7月に台湾で確認された狂犬病に関する情報を掲載したホームページです。

外部サイトへ狂犬病について(厚生労働省)

厚生労働省健康局結核感染症課が作成する狂犬病に関する情報を集めたホームページです。

外部サイトへ水際における狂犬病対策について(農林水産省)

農林水産省消費・安全局動物衛生課が作成する動物の輸出入検疫における狂犬病対策についてのホームページです。

犬を飼っている方が必要な手続きについて(犬の登録、狂犬病予防注射など)

犬を飼育する場合に必要な手続きに関する情報を掲載したホームページです。

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる