現在の位置

平成29年度 猫の不妊・去勢手術助成金制度

高槻市では、猫がみだりに繁殖することを抑制し、市民の快適な生活環境を確保するため、「猫」の不妊・去勢手術費用の一部を助成します。 なお、今年度から所有者不明猫の要件について一部変更しています。

平成29年度猫の不妊・去勢手術助成金制度の詳細

 

 対象者

期間内に高槻市内の猫※1に対して、動物病院※2で不妊・去勢手術を行った高槻市民※3の方

 

※1 高槻市内の猫とは、市内に棲息する「所有者不明猫」(いわゆる”のら猫”)若しくは市内で飼養される「飼い猫」です。

 

※2 所有者不明猫については動物病院の地域制限なし。 飼い猫については、高槻市又は、大阪府内で高槻市に隣接する市町(枚方市、茨木市、寝屋川市、摂津市、島本町)の動物病院での手術が必要です。

 

※3 申請者は、高槻市に住民登録していることが必要です。

 

手術期間

平成29年4月1日(土)~ 平成30年3月5日(月)

 助成額
  • 所有者不明猫 : 5,000円
  • 飼い猫 : 2,500円     

所有者不明猫の申請は、年度内に1世帯あたりの頭数制限はありません。

飼い猫の申請は、年度内に1帯1頭までです。

※手術費用が助成額を下回る場合は、その実費額となります。

 

所有者不明猫は、捕獲し、手術後は元の場所に戻す猫に限ります。

現在は、いわゆる”のら猫”でも、手術後に飼養する猫などは、「飼い猫」扱いとなります

 

「所有者不明猫」での申請には、“耳カット”が必須です。

耳カットとは、片耳の先端部を少しV字等にカットすることで、一般に不妊去勢手術済の”のら猫”であることを明確にするために行われています。耳カットしない場合は、「飼い猫」区分での申請となります

 

 助成頭数
  • 所有者不明猫 : 100頭 まで
  • 飼い猫 : 200頭 まで

(一方のみ下回った場合、予算の範囲内でもう一方の頭数を引き上げ)

 

助成頭数を超える申請があった場合は「抽選」となります。 所有者不明猫については、各世帯からの申請1件分を優先して抽選します。

 

 申請期間

平成29年4月3日(月)~ 平成30年3月5日(月) 17時15分(必着)

※申請に不備が確認され、その修正が上記期間内に完了しない場合には、申請を受理できない場合がありますので、早めに申請いただくようお願いします。

 申請方法

手術後、所定の申請書に必要事項を全て記入押印し、証明欄に獣医師の証明を受け、高槻市保健所保健衛生課まで提出。(郵送可)

※郵送での申請の場合、申請内容に不備があった際には保健所窓口に来所いただいた上での修正等が必要となりますので、予めご承知ください。

 その他
  • 申請用紙は保健所、市役所、支所のほか、高槻市内の動物病院にも配置しています。
  • 申請数が助成頭数を超えた場合は、公開抽選を行います。
    (平成30年3月9日(金)13時30分から高槻市保健所講堂にて)
  • 抽選結果は、保健所内に掲示するとともに、保健所ホームページにも掲載します。
  • 助成金の交付が決定した方にのみ、助成金交付に必要な書類を封書にて別途通知します。
  • 助成金のお振込みは、平成30年5月上旬頃を予定しています。

 

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる