現在の位置

犬と猫の適正飼養について

ペットの飼育は愛情と責任を持って

犬や猫などのペットは、飼い主にとっては大切な家族です。一方で、犬や猫が苦手な人や恐怖心を持っている人もいます。また、飼い主は気にならなくても鳴き声や排せつ物の臭いなどで周囲に迷惑をかけていることもあります。

ペットがその命を終えるまで適切に飼育することは飼い主の責任です。飼えないからと捨てるのは犯罪です。

愛情と責任を持って、ご近所にも配慮できる飼い主になりましょう。

 

排せつ物の処理はしっかりと

排せつをした後はすぐに掃除をしましょう。臭いなど迷惑に感じている人がいます。散歩時は持ち帰れるよう袋などを用意しましょう。

 

リードを付けない散歩や放し飼いは禁止

リードを付けない散歩や放し飼いは、大阪府動物の愛護及び管理に関する条例で禁止されています。また、万が一飼い犬が人を咬んだ時、飼い主は保健所にその旨を届け出る必要があります。

 

飼い犬の登録・狂犬病予防注射を

犬を飼い始めたら、飼い犬登録と年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。交付された鑑札と注射済票は、必ず犬の首輪などに着けましょう。

 

しつけをしっかりと

しつけは、飼い主と快適に暮らすため、また、無駄吠えなどで近隣に迷惑をかけないためにも必要です。

 

不妊・去勢手術を

多くのペットは複数の子を産みます。育てられないなら不妊・去勢手術をしましょう。おとなしい性格になったり、病気の予防にもなります。

 

猫は室内で飼育を

外飼いの猫はふん尿や鳴き声で近所に迷惑をかけている場合がありますので、猫は屋内での飼育をお願いします。事故に遭ったり、ほかの猫から病気がうつる危険を減らすこともできます。

 

飼い主が分かるように

迷子の動物を保護しても、飼い主がわからなければ連絡することができません。迷子札やマイクロチップを装着し、飼い主が分かるようにしましょう。

また、犬には鑑札と注射済票の装着が義務付けられています。名札の代わりとしても役立ちますので、必ず着けましょう。

 

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 保健衛生課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9331
FAX番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

ページの先頭へもどる