現在の位置

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金は、新型コロナウイルス感染症の長期化に伴い、総合支援資金の再貸付を終了または不決定とされたことにより、更なる貸付が利用できない生活困窮世帯を対象に、就職に向けた活動をすることなどを条件に給付金を支給する制度です。

3ヶ月間の支給で、収入要件、資産要件、求職活動等要件を満たす世帯に対し、本市から支給します。

  • 問い合わせ先:高槻市新型コロナ支援金担当
  • 受付日時:月曜日~金曜日(祝休日を除く) 午前8時45分~午後5時15分
  • 場所:グリーンプラザたかつき3号館 3階  高槻市紺屋町3番1号
  • 電話:072-682-7801

公的給付の支給の迅速かつ確実な実施のため、法律に基づき大阪府社会福祉協議会から提供された、総合支援資金の再貸付を終了した方等の対象者に順次、個別に申請に必要な案内を送付します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、窓口や待合スペースの「三密」状態を避ける必要があること及び円滑に相談・申請を進めるため、原則郵送で申請を受付します。窓口での申請をされる場合は、予約制となっておりますので、高槻市新型コロナ支援金担当にお電話いただきご予約をお取りください。

※「申請期限」が8月31日から11月30日(消印有効)に延長されました。

1 主な要件

次の4つにすべて当てはまる方は、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の受給資格を満たす可能性があるため、申請に必要な書類を提出してください。

  1. 特例貸付について、総合支援資金の再貸付まで借り終わった世帯(3月以前に総合支援資金(初回)を申請した世帯は最大200万円)や、再貸付について不決定とされた世帯(※下記「5 更なる特例貸付を利用できない世帯」を参照)
  2. 収入基準額(※下記「6 収入基準額」を参照)を超える収入を得ていないこと
  3. 資産が一定額以内(※下記「7 資産額」を参照)であること
  4. 求職活動等要件(※下記「8 求職活動等要件」を参照)を満たすこと

2 支給額(月額)

  • 単身世帯:60,000円
  • 2人世帯:80,000円
  • 3人以上世帯:100,000円

3 支給期間

3ヶ月

4 申請期限

令和3年11月30日(消印有効)

5 更なる特例貸付を利用できない世帯

次のいずれかに該当する世帯である必要があります。

  1. 都道府県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付(以下、「再貸付」という。)を受けた者であって、自立支援金の申請をした日(以下、「申請日」という。)の属する月の前月までに当該再貸付の最終借入月が到来していること
  2. 再貸付を受けている者であって、申請日の属する月が当該再貸付の最終借入月であること
  3. 都道府県社会福祉協議会に対して再貸付の申請をしたが、申請日以前に不決定となったこと
  4. 都道府県社会福祉協議会に再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談等を行ったものの支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請ができなかったこと

6 収入基準額

申請月において、収入基準額を超える収入がある場合は、支給対象外となります。

  • 単身世帯:収入基準額=123,000円
  • 2人世帯:収入基準額=177,000円
  • 3人世帯:収入基準額=223,000円
  • 4人世帯:収入基準額=265,000円
  • 5人世帯:収入基準額=306,000円

※6人以上世帯の場合はお問い合わせください。

収入算定の主なもの

  • 就労などの収入

給与収入の場合は、社会保険料など天引き前の総支給額(ただし、交通費は除きます。)
自営業の場合は、事業収入(経費を差し引いた控除後の額)となります。
毎月の収入額に変動がある場合には、収入の確定している直近3ヶ月間の収入額から推計します。

  • 公的給付など

雇用保険の失業給付、児童扶養手当などの各種手当、公的年金など複数月分の金額が一括で支給される給付などについては、月額で算定します。
借入金や退職金などは収入として算定しません。

7 資産額

資産額は、現金及び預貯金額の合計です。(上限額を超えて資産をお持ちの場合は、支給対象外となります。)

債権、株式、投資信託、生命保険、個人年金保険などは含みません。また、負債がある場合でも、相殺はしません。

  • 単身世帯:504,000円以内
  • 2人世帯:780,000円以内
  • 3人以上世帯:1,000,000円以内

8 求職活動等要件

申請者は以下1.の活動を行っていただく必要があります。

また、体調等の理由により1.の活動ができない場合は、2.に該当する必要があります。

1.公共職業安定所に求職の申込みをし、常用就職による就職を目指し、以下イ~ハの求職活動を行うこと

 イ 月1回以上、自立相談支援機関の面接等を受ける

 ロ 月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける

 ハ 原則週1回以上、求人先への応募や面接を受ける

2.生活保護を申請し、申請に係る処分が行われていない状態にあること

なお、緊急事態宣言期間中については、求職活動要件が緩和されます。詳しくは高槻市新型コロナ支援金担当までお問合せください。

9 申請に必要な書類

  1. 本人・世帯構成の確認書類
  2. 再貸付終了等の確認書類
  3. 申請日の属する月の収入が確認できる書類(給与明細や金融機関の通帳などの写し)
  4. 金融資産(預金額など)が確認できる書類(金融機関の通帳など)の写し
  5. 求職活動等要件確認書類
  6. 振込口座関係書類

10 郵送申請

新型コロナウイルスの影響による経済不安により、現在たくさんの方から新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の制度に関するお問合せをいただいております。円滑な申請の受付及び感染拡大防止の観点より、原則郵送で申請を受付します。窓口での申請をされる場合は、予約制となっておりますので、高槻市新型コロナ支援金担当にお電話いただきご予約をお取りください。

11 支給決定と支給方法

審査の結果、申請者には支給決定通知書又は不支給通知書をお送りします。

支給又は不支給の決定にあたり、審査にはお時間がかかりますので、通知書が届くまでお待ちいただくようお願いします。

支給日については、支給決定通知書に同封する書類にてお知らせし、申請者が指定する口座に本給付金を振り込みます。

申請内容に虚偽が判明した場合、支給決定後に高槻市へ行う報告を怠った場合、生活保護の受給を開始した場合などは、支給を中止します。

12 厚生労働省特設ホームページ

厚生労働省が新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について、申請者の申請手続きを支援する動画を作成し、厚生労働省特設ホームページに掲載しています。申請手続きにご活用ください。

また厚生労働省がコールセンターの設置もしていますので、制度に関するご質問等は、以下のコールセンターまでお問合せください。

電話番号 0120-46-8030

受付時間 午前9時~午後5時(平日のみ)

外部サイトへ厚生労働省特設ホームページ

13 よくある質問

ご質問が多い内容についてまとめております。

内容をご確認ください。

よくあるご質問(PDF:100.8KB)

14 申請様式等(A4サイズの用紙に両面印刷してください)

申請書(様式1-1)(PDF:203KB)

申請時確認書(様式1-2)(PDF:167.5KB)

申告書(様式1-3)(PDF:97.9KB)

求職活動等状況報告書(様式4)(PDF:335KB)

自立相談支援機関相談確認書(様式4別紙)(PDF:335.4KB)

職業相談確認票(様式5)(PDF:105.8KB)

常用就職活動状況報告書(様式6)(PDF:156KB)

常用就職届(様式7)(PDF:98.9KB)

お問い合わせ先
高槻市新型コロナ支援金担当
月曜日~金曜日(祝休日を除く) 午前8時45分~午後5時15分
グリーンプラザたかつき3号館 3階 高槻市紺屋町3番1号
電話番号:072-682-7801

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる