現在の位置

認知症について

昔は、「痴呆」や「ぼけ」などと呼ばれていましたが、平成16年12月から「認知症」と呼ばれるようになりました。
認知症とは、「いったん正常に発達した知能(脳)に何らかの原因で記憶・判断力などの障害が起き、日常生活が行いにくくなる脳の病気」を言います。単なる物忘れとは違って脳の病気で、誰でもなり得る病気です。
原因としては、「アルツハイマー病」に代表される脳の神経細胞がゆっくりと死んでいくものと、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために神経の細胞に栄養や酸素が行きわたらなくなり、神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう「脳血管性認知症」によるものが多くを占めます。 

認知症の症状について


認知症の症状については下表をご参照ください。おかしいな…と思ったらまずは医師に相談いただくか、最寄りの相談窓口にお問い合わせください。
認知症は早期発見、早期受診がとても重要です。治る認知症もあれば、症状の進行を遅らせることもできます。また、将来に向けて本人や家族が成年後見の申立てなど、様々な準備を行うことができます。

よくみられる認知症の初期症状

  • 同じことを言ったり聞いたりする
  • ガス栓や水道の蛇口の締め忘れが増えてきた
  • ささいなことでも怒りっぽくなった
  • 服装がだらしなくなってきた
  • 今までできていた家事や仕事ができなくなってきた
  • どこに物を置いたか忘れる
  • 昔のことは覚えているが最近のことを忘れやすくなった

障がい者控除対象者の認定

認知症の人のためのサービス

認知症の人とその家族のために、下記のサービスがあります。

  • 徘徊高齢者家族支援サービス
  • 認知症サポーター養成講座
  • 徘徊高齢者SOSネットワーク
  • 日常生活自立支援事業
  • こころの健康相談

また、介護保険の地域密着型サービスとして、認知症対応型通所介護や認知症対応型共同生活介護(グループホーム)があります。

障がい者控除対象者の認定

介護保険で利用できるサービス

認知症に関する相談先

今後増えることが予測される認知症に対して、医療と介護の切れ目ないサービスを行うため、認知症疾患医療センター(新阿武山病院)と連携を図る認知症地域支援推進員を配置しています。
認知症に関する相談は、お近くの地域包括支援センター又は長寿介護課で受付けていますので、お気軽にご連絡ください。

認知症地域支援推進員

次の地域包括支援センターに2名配置しています。

高槻北地域包括支援センター 住所:大字原112 電話:072-687-8010

五領・上牧地域包括支援センター 住所:井尻2丁目37-8 電話:072-660-3608
 

長寿介護課 電話:072-674-7166

外部サイトへ認知症疾患医療センター(新阿武山病院)

たかつきオレンジガイド ~たかつき認知症ガイドブック~

超高齢社会を迎え、認知症の方の人数も急増しています。認知症の人ができる限り住み慣れた地域で暮らし続け、また認知症の人やその家族が安心して生活していくための取組みとして、「たかつきオレンジガイド ~たかつき認知症ガイドブック~」を作成しました。
これは、高槻市医師会認知症対策委員会の監修のもと、認知症地域支援推進員が主導となり作成しました。
認知症ケアパスとは、認知症が疑われる初期状態のときから、ご本人の進行状態に応じて、「いつ・どこで・どのような支援体制があるのか・対応のポイントの流れ」を示したものです。認知症の状況は、個人により異なりますので、必ずこの経過をたどるわけではありませんが、今後予測される症状や状態の変化の目安として参考にしてください。
認知症の人とそのご家族、または相談や支援にご活用ください。

たかつきオレンジガイド ~たかつき認知症ガイドブック~ をご活用ください

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 長寿介護課
高槻市役所 本館1階 7・8番窓口
電話番号:072-674-7166
FAX番号:072-674-5135
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる