現在の位置

筋力低下を防いで健康寿命をUP!

足腰の筋力を鍛えましょう

ご存じですか?筋力低下の仕組み

加齢に伴い、筋肉を構成する筋繊維数が減ったり縮んだりすることで誰でも筋力が低下しやすくなります。
20歳時の筋力を100%とすると、60歳時には男性が52%、女性が44%にまで低下するという研究結果もあります。
これらの筋力低下に加え、骨密度の低下や変形性関節症などの関節疾患があると、ロコモティブシンドロームと言われるような運動器の障害により、歩行が不安定になっていきます。また、日常生活の変化に伴って活動量が低下することも筋力や体力の低下を引き起こします。

足のイラスト

 

筋力の低下を防ぎましょう

いつまでも元気に生き生きと過ごすためには、高齢期の筋力アップトレーニングが欠かせません。適切な方法でトレーニングを行えば、どんなに歳をとっても筋力を向上させることができると分かってきています。

おすすめです!高槻ますます元気体操

「高槻ますます元気体操」は、高齢期の下半身の抗重力筋を鍛えることで、強い足腰を作り、力強く歩ける体力を手に入れるために作られた体操です。市内にはこの体操に取り組める拠点が200箇所以上あります。ぜひ、自宅から通える拠点を見つけて参加してみてください。

筋力アップ体操

 

「高槻ますます元気体操」や体操実施拠点について、詳しくは下記のリンクをご覧ください。

ますます元気体操

高槻ますます元気体操実施拠点紹介マップ

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 長寿介護課
高槻市役所 本館1階 7・8番窓口
電話番号:072-674-7166
ファクス番号:072-674-7183
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる