現在の位置

はじめよう介護予防

介護予防は気付いたときが始め時

ご存知ですか?介護予防の大切さ

高齢期からの健康づくりは、中年期からの高血圧・糖尿病などの生活習慣病予防に加えて、フレイルに対する取り組みも必要となります。フレイルとは、加齢に伴い筋力や認知機能などの心身の活力が低下して、生活機能障がいが起こりやすい状態のことです。要介護状態になりやすいため、介護予防の取り組みがとても大切です。

高齢者福祉計画・介護保険事業計画で実施した市民65歳以上2,000人を対象としたアンケートから、約3割以上の人が運動不足、約2割の人が歯の健康と認知症に不安を感じていることが分かりました。

アンケート結果

はじめましょう介護予防!

今からできる取り組みとして、「足腰の筋肉を鍛える」「お口の清潔を保ちながら、お口の体操を行う」「できるかぎり人の集まりに参加する」などがあります。

介護予防の取り組みは気付いたときが始め時です。長寿介護課では市オリジナルの介護予防体操「高槻ますます元気体操」を行う教室や認知症予防教室などさまざまな教室・イベントを実施しています。詳しくは長寿介護課までご連絡ください。

 

 

「ますます元気体操」や介護予防教室について、詳しくは下記のリンクをご覧ください。

ますます元気体操

参加しよう!高槻市の介護予防事業 イベント・講座情報

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 長寿介護課
高槻市役所 本館1階 7・8番窓口
電話番号:072-674-7166
ファクス番号:072-674-7183
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる