現在の位置

罹災証明 2次調査の申請について

平成30年7月12日午前11時00分掲載

今回の地震被害に係る被害認定については、1次調査(外観目視による調査等)を行い、被害程度(一部損壊・半壊・大規模半壊及び全壊)を判定していますが、申請があった場合は2次調査(建物内部への立ち入り調査等)を実施します。

2次調査とは

外観目視による調査に加え、建物の内部調査を行います。(調査内容例:天井、床、内壁などの被害調査)。建物内部に甚大な被害がある場合などは、1次調査による被害程度の判定内容が変わる場合があります。(例えば、建物の外観被害は比較的軽微なのに対して、建物内部天井や床、内壁などに著しい損傷がある場合など)

但し、2次調査を行うことにより、必ず被害程度の判定が変わるものではありません。

2次調査の申請について

調査による判定を受けられた方

2次調査の申請については、1次調査による罹災証明書を発行する際に受付を行います。罹災証明書発行時にお申出ください。但し、お申し込みが多数となる場合は、調査訪問までに時間を要する場合がありますのでご承知おきください。

罹災証明発行窓口 総合センター1階 18番 資産税課窓口

※写真による自己申告窓口(1階ロビー)とは場所が異なりますのでご注意ください。

写真による自己申告窓口で既に罹災証明書を取得された方

1次調査による再判定が必要です。再判定を希望される方は、調査受付窓口もしくは電話により改めて調査をお申し込みください。

調査受付窓口 総合センター1階 18番 資産税課窓口

※写真による自己申告窓口(1階ロビー)とは場所が異なりますのでご注意ください。

お問い合わせ先

資産税課 072-674-7143

税制課 072-674-7139

市民税課 072-674-7132

収納課 072-674-7152

FAX 072-674-4519

関連リンク

罹災証明書の発行について

自己申告による罹災証明書の発行について

お問い合わせ先
高槻市 総務部 資産税課
高槻市役所 総合センター 1階
電話番号:072-674-7143
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。
被災者への支援情報

ページの先頭へもどる