現在の位置

配偶者等からの暴力の防止について

配偶者等からの暴力は、DV(ドメスティック・バイオレンス)とも呼ばれており、「夫や恋人など親密な関係にある、又はあった男性から女性に対して振るわれる暴力」という意味で多く使われています。
DVは、女性の人権を著しく侵害する社会的な問題であるとともに、性別による固定的役割分担や、男女の経済的格差など構造的問題も大きく関係しており、男女共同参画社会の実現のために克服すべき重要な課題となっています。
「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)」では、たたく、殴るなどの身体的暴力だけでなく、暴言や無視などの精神的暴力や、「生活費を渡さない」「行動を制限する」などの社会的暴力も「暴力」に含まれます。被害者の多くは女性ですが、被害者が男性の場合もDV防止法の対象となります。
市でも高槻市DV対応連絡会議を設置し、関係機関と連携して被害者支援やDV防止啓発に取り組んでいます。 

  • 内閣府男女共同参画局発行のパンフレット・刊行物は配偶者からの暴力被害者支援情報ホームページから 

外部サイトへ配偶者からの暴力被害者支援情報ーパンフレット・刊行物

配偶者からの暴力被害者支援情報サイト

DVとはなにか、DV防止法による一時保護や保護命令等の制度の説明、相談機関の一覧など、配偶者からの暴力に関する様々な情報を掲載しています。

外部サイトへ配偶者からの暴力被害者支援情報ホームページ

相談窓口

もし、被害にあわれたら、ひとりで悩まずご相談ください。

DV相談

女性相談

男性のための電話相談【大阪府】

DV相談ナビ

電話 0570-0-55210(ここにでんわ)

配偶者からの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいかわからないという方のために、相談機関を案内するためのサービスです。発信地等の情報から最寄の相談機関の窓口に電話が自動転送され、直接ご相談いただくことができます。

お問い合わせ先
高槻市 市民生活環境部 人権・男女共同参画課
高槻市役所 本館 5階
電話番号:072-674-7575
ファクス番号:072-674-7577
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

被災者への支援情報

ページの先頭へもどる