現在の位置

市長メッセージ(新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージを掲載しています。

市長Letterのバナー画像

市長ビデオ、手話メッセージは以下のリンクをご覧ください。

市長ビデオメッセージ(新型コロナウイルス関連)

市長手話メッセージ(新型コロナウイルス関連)

令和2年6月30日

高槻市・高槻市観光協会・高槻商工会議所の3者からなるオープンたかつき運営会議では、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込んでいる飲食店を応援し、地域を盛り上げようと、食事などに使えるお得なチケットを販売する企画「オープンたかつきグルメ応援フェア」を明日7月1日から実施します。このフェアでは、額面1000円分のチケットを500円で購入していただけます。詳しくはオープンたかつきのホームページをご覧いただき、市内のグルメをお楽しみいただければと思います。

濱田剛史

「(販売終了)オープンたかつきグルメ応援フェア」&「オープンたかつき2020夏」開催!

令和2年6月10日

明日から、令和2年6月市議会定例会が始まります。今議会にも新型コロナウイルス感染症対応関連の予算を提出しますが、市独自の取組としては、新たに、帰国者・接触者外来を設置する市内医療機関に対する1医療機関300万の支給や登園自粛による民間保育所・認定こども園などの延長保育料の返金などについて、ご審議いただく予定です。引き続き、市民の皆さまの健康・生活を守るため、国、府、関係機関と連携を図り、適切かつ迅速に対応してまいりますので、ご理解・ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

濱田剛史

市議会への提出案件(6月11日提出分)

令和2年5月28日

高槻市では、LINEの公式アカウントを開設し、試行運用を開始します。これまで市では、災害時にホームページや防災行政無線、Twitterなどのツールを通じて、市民の皆さまへ災害時の情報をお伝えしてきましたが、今回新たに「LINE」を追加します。

災害時の警報の発令や避難所の開設などの緊急情報、防災訓練の情報などのほか新型コロナウイルス感染症関連の支援施策などについてもお知らせします。ぜひ、高槻市公式LINEアカウントの友だち追加をお願いします。

濱田剛史

高槻市LINE公式アカウントの開設について

令和2年5月26日

日に日に夏の暑さを感じるようになりました。緊急事態宣言が全国的に解除され、少しずつではありますが経済活動が再開し、外出する人も増えると思います。そこで、気を付けていただきたいのが、熱中症です。外出自粛で、身体が暑さ慣れをしておらず、またマスクの着用により普段よりも体に熱がこもりやすい状態です。屋内外を問わず、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給や適度な塩分の摂取など、体調管理に注意しましょう。

濱田剛史

熱中症にご注意ください!

令和2年5月22日

重症化のリスクが高い高齢者への感染を防ぐため、「高齢者の命を守る! 高槻市新型コロナ防衛アクション」をスタートします。

大阪府に発令されていた緊急事態宣言が解除されましたが、依然として第2波、第3波が発生する恐れは続いています。社会経済活動を再開していくにあたっては、高齢者など重症化リスクの高い方の命を守るために私たち一人ひとりが感染予防の意識を持って行動することが必要です。

同アクションでは、マスク着用などの「うつらない行動」、毎日の健康観察などの「うつさない思いやり」、「“オール高槻”で実践」の3つを取組のテーマとして実施します。

休館・休業・利用制限等を行っていた本市の施設についても、順次利用を再開しますが、再開にあたっては、午前中を高齢者優先時間帯とするなど、感染予防策を実施しますのでご協力をお願いします。

濱田剛史

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

令和2年5月20日

本日開催された市議会臨時会において、中小企業へ10万円を給付する事業者応援給付金や障がい者手当受給者へ2万円を支給する特別支援給付金、高校生などがいる世帯を対象に高槻産のお米10キログラムを送付する取組など、市民・事業者の皆さまを対象とした新型コロナウイルス感染症に関する追加の支援施策が可決・成立しました。詳細については、今後、市ホームページや広報誌でお知らせしていきます。今後も市民・事業者の皆さまが、これらの支援策を速やかにご利用いただけるよう、取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連補正予算(第3弾)について

令和2年5月14日

広報誌「たかつきDAYS」臨時号の全戸配布が始まりました。臨時号では、5月1日の市議会臨時会において、可決・成立した新型コロナウイルス感染症に関する生活支援施策の概要を紹介しています。市独自の取り組みとしては、中小企業に20万円を支給する中小企業等支援給付金や事業融資資金信用保証料の事業者負担分相当額を助成する信用保証料補助金、ひとり親家庭の対象児童1人につき2万円を支給する給付金などを紹介しています。今後とも市民・事業者の皆様が、これらの支援策を速やかにご利用いただけるよう、取り組んでまいります。

濱田剛史

たかつきDAYS(広報たかつき)令和2年5月臨時号

令和2年5月12日

緊急事態宣言の延長にともない、市立小中学校は月末まで臨時休業となっています。高槻市教育委員会では、新型コロナウイルスによる臨時休業期間中の学習支援として学習プリントの解説動画の配信を行っています。動画では、学習プリントを1問1問解答していき、正解に辿り着くまでのポイントを解説しています。教育センターホームページで見ることができますので、お子さんの学習習慣の定着にご活用ください。

濱田剛史

外部サイトへ教育センターホームページ(はにたん まなびのひろば)

令和2年5月5日

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が5月31日まで延長され、大阪府知事による緊急事態措置も同じく5月31日まで延長されました。このことを受け本市でも本日5月5日に新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、市立小中学校の臨時休業や公共施設の休館、市主催イベント等の中止・延期等の措置を5月31日まで行うこととしました。

4月7日の緊急事態宣言の発令からおよそ1か月が経過する中、更なる自粛要請の延長で、生活への不安等を抱えていらっしゃる方も多いと思います。市としましても、国・府の支援策に加え、ひとり親家庭への児童1人あたり2万円の給付金や中小事業者への20万円の給付金、水道料金基本料金の4か月間の半額減免など、独自の支援策を用意しました。

今後も皆様の生活に寄り添い、感染拡大防止と生活支援に全力で努めてまいりますので、引き続き、感染拡大防止にご理解とご協力をお願いします。

濱田剛史

新型コロナウイルス関連補正予算(第2弾)について

令和2年4月30日

非常事態宣言により、外出自粛が要請され、ご家庭で食事をされる機会が多くなっていると思います。市内の飲食店では、ご家庭でも名店のグルメを味わってもらおうと、次々とテイクアウトサービスのメニューを充実させています。市内飲食店の応援と、ご家庭の家事負担を少しでも減らすため、ご活用していただくのはいかがでしょうか?

濱田剛史

市内のテイクアウトできる飲食店まとめ

令和2年4月28日

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外出自粛や休業等の要請が行われている状況を踏まえ、高槻市では、市民や事業者の皆様の生活への不安を軽減するための支援を行うこととしました。具体的な内容としましては、市独自の取組として、水道料金の基本料金を4か月間半額にする、児童扶養手当を受給するひとり親世帯等に対象児童一人につき2万円の支援金を給付する、セーフティネット保証等の融資を受けた事業者に20万円の給付金を支給するとともに借入を行った事業者には信用保証料を助成することなどを予定しています。

加えて、雇用環境の悪化により職を失ったり内定を取り消されたりした方を市職員として雇用することも予定しており、これらの支援策については、準備が整い次第、市ホームページ等でお知らせします。

併せて、国が国民1人当たり一律10万円を給付する特別定額給付金(仮称)及び大阪府と本市が共同で実施する休業要請支援金などについても、速やかに市民の皆様にご利用いただけるよう準備を進めてまいります。また、今般の状況を鑑みまして、私を含め副市長など7名の特別職の職員の給与等を今年度末まで10%減額し、既に行財政改革のために行っていた10%の減額と合わせて、20%の減額とすることとしました。

今後も皆様の生活に寄り添い、感染拡大防止と生活支援に全力で努めてまいります。市民の皆様には、不要不急の外出はお控えいただき、できる限りご自宅でお過ごしいただくなど、感染拡大防止にご理解とご協力をお願いします。

濱田剛史

市長手話メッセージ(新型コロナウイルス関連)

令和2年4月23日

外出をお控えいただいている期間が長くなり、運動不足の状態が続くと、心身の機能が低下することが懸念されます。日々の健康を維持するためにも、体を動かすことは大切です。

高槻市では、「高槻もてもて筋力アップ体操」をホームページで公開しています。私も実際にやってみましたが、足腰の筋肉に適度な負担がかかり「もっとてがるに、もっとてがたく」筋力アップできるものとなっていました。ぜひ、ご自宅での運動不足解消にご活用ください。

濱田剛史

手軽に手堅く体力向上!「高槻もてもて筋力アップ体操」(愛称:もてきん 体操)

令和2年4月21日

新型コロナウイルス感染予防の一環として、学校・施設などでは休業・休館・利用制限などを行っていますが、社会インフラである市営バスは、換気のため窓を開ける等対策をして通常通り運行しています。

通院や食料の買い出しなど生活に必要な外出であっても、できる限り身近な場所で済ませるようにしていただくとともに、市営バスご利用の際には、「手洗い」や「咳エチケット」などの感染症対策をお願いします。

濱田剛史

外部サイトへ高槻市営バスホームページ

令和2年4月16日

市役所窓口への来庁は、やむを得ない外出である場合が多いでしょう。現在、市役所窓口での業務は、換気や待合スペースの密集緩和などの感染予防に努めたうえで、原則として、通常通り実施しています。

また、郵送申請や電子申請をご利用いただいたり、お近くの支所やコンビニ交付サービスをご利用いただくと、外出の時間が短くなります。さらに、市役所窓口の混雑緩和にもつながりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

濱田剛史

郵送や電子申請を活用ください(新型コロナウイルス関連)

令和2年4月14日

大阪府は、国による緊急事態宣言を受けて行っていた「外出自粛の要請」と「イベントの開催自粛の要請」という緊急事態措置だけでは、国の「基本的対処方針」で示されている「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減を目指す」という目標の達成が困難な状況であり、今後、オーバーシュート(感染爆発)の危険性があると判断し、本日14日から、新たに「施設の使用制限の要請」等(いわゆる「休業要請」)を行うこととしました。

市民の皆様には、これまでも、イベント等の中止・延期や小中学校の臨時休業、公共施設等の休館の取り組みにご協力をいただき、また、外出の自粛にも積極的なご協力をいただいてまいりましたが、現下の状況に鑑み、改めまして、一人一人が自らの行動を見つめ、生活に必要な場合を除いて外出を控えるなど、感染を拡大させない行動をとっていただきますよう、お願いいたします。

濱田 剛史

令和2年4月9日

緊急事態宣言が発出され、外出自粛要請が出されています。市民の皆さんには、生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出を控えていただくとともに、食料品のお買い物などをされる際は、身近な場所で行っていただくようお願いいたします。また、健康維持のための、ジョギングや散歩は、心身の機能を維持するためにも大切です。人ごみを避け、複数人で集わないようお願いします。

濱田 剛史

外部サイトへ「3 日々の健康を維持するために」(厚生労働省ホームページ)

その他の市長メッセージ(新型コロナウイルス関連)

市長ビデオメッセージ(緊急事態宣言について)(4月9日収録)

市長メッセージ(緊急事態宣言について)(4月8日掲載)

市長メッセージ(小中学校の臨時休業とイベントの中止等を再度延長)(4月3日掲載)

市長メッセージ(新型コロナウイルス対策本部の設置)(3月27日掲載)

市長メッセージ(市主催イベントの中止や延期、市立各施設の休館を延期)(3月23日掲載)

市長メッセージ(市内での新型コロナウイルス感染者の確認)(3月6日掲載)

関連リンク

新型コロナウイルス感染症関連情報(トップページ)

ページの先頭へもどる