現在の位置

新型コロナウイルス感染症対策について(相談窓口・予防法など)

市民の皆様へ

【令和2年6月1日更新】

5月21日に緊急事態宣言の区域から大阪府が解除されることになりましたが、府内で未だ感染者が確認され、確立された治療法やワクチンもないことから新型コロナウイルス感染症の対応は長期化することが予想されています。引き続き適切な感染予防対策を実施してください。

感染症拡大防止のため、特に以下についてご協力をお願いします。

  • 首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)・北海道との間のレジャーなど、不要不急の移動は控えてください。
  • 店舗等の利用時は、大阪コロナ追跡システムのQRコードからメールアドレスを登録してください。
  • 「新しい生活様式」を実践してください。

 (「三つの密」の回避、身体的距離の確保(2メートル程度)、マスクの着用、手洗い、テレワーク活用)

  • 医療従事者やその家族、感染された方々等への誹謗中傷や差別、いじめはやめましょう。

また、下記の「一人ひとりができる予防対策は」を参考に、感染拡大防止にご協力をお願いします。

なお、新型コロナウイルス感染症についての相談は、下記の目安を参考に新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)へご相談ください。

※インターネット上には、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が流れていますが、厚生労働省や大阪府、高槻市が発信する公式の情報をご確認ください。

相談窓口

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかの症状がある方は、新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)にすぐにご相談ください。

  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある。
  2. 高齢者や基礎疾患等のある方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある。

※糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

3. 1または2以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている。(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください、解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【妊婦の方へ】
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。

【お子様をお持ちの方へ】
小児については、小児科医による診察が望ましく、新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

【医療機関にかかるときのお願い】

  • 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

電話番号:072-661-9335

高齢者等優先ダイヤル

高齢者や基礎疾患等のある方で、新型コロナウイルス感染症の疑いの症状がある方はご相談ください。

電話番号:072-661-9334

聴覚障がいの方の相談先

聴覚障がいの方は、ファクスで相談を受け付けています。

ファクス番号:072-661-1800

※聴覚障がいの方は、下記新型コロナウイルス問診票(聴覚障がいの方)をご活用ください。

※ファクスの受信は、24時間可能ですが、返信や対応は翌朝以降になる場合があります。

新型コロナウイルス 問診票(聴覚障がいの方用)(PDF:109.2KB)

その他の相談窓口

厚生労働省や大阪府でも電話相談窓口を開設しています。

土曜日・休日もご利用いただけますのでご活用ください。

厚生労働省の電話相談窓口

受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜・日曜・祝日も対応)

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

※2月7日午前9時から新しい番号に変更となったため以前の番号は使用できません。

外部サイトへ新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談(コールセンター)のフリーダイヤル化について

大阪府の電話相談窓口

受付時間:午前9時から午後6時まで(土曜・日曜・祝日も対応)

電話番号:06-6944-8197

ファクス番号:06-6944-7579

外部サイトへ新型コロナウイルス感染症の発生に伴う電話相談窓口について(大阪府ホームページ)

一人ひとりができる予防対策は

「手洗い」や「咳エチケット」などの徹底をはじめ、下記の「人との接触を8割減らす、10のポイント」「新しい生活様式の実践例」「大阪コロナ追跡システム利用のご案内」を参考にしていただき、感染の収束に向けた対策を行ってください。

大阪コロナ追跡システム利用のご案内について

「新しい生活様式」を取り入れましょう

外部サイトへ「人との接触を8割減らす、10のポイント」(厚生労働省HP)

「新しい生活様式の実践例」(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議資料)(PDF:482.9KB)

手洗いの基本

ドアノブや様々なものに触れることで、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

咳エチケットの基本

(1)マスクをつける ※マスクを着用の際は、熱中症にご注意ください。

熱中症にご注意ください!

(2)ティッシュやハンカチで口や鼻をおおう

(3)とっさの時は袖や上着の内側でおおう

(4)周囲の人からなるべく離れる

地域での回覧等にご活用ください(新型コロナウイルス関連)

国および市は、新型コロナウイルスを含む感染症対策をまとめたチラシ等を作成しています。会社・学校や人の集まる場所での掲示、地域や各種団体内での回覧、周知など、ダウンロード・印刷してお使いください。(加工・改変等はおやめください)

地域での掲示等にご活用ください(新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症対策(動画紹介)

厚生労働省及び経済産業省、消費者庁、文部科学省が、主に子ども向けに新型コロナウイルス感染症対策についてわかりやすく紹介する動画を作成し公開していますのでご活用ください。

外部サイトへやってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること(経済産業省)

新型コロナウイルスに関するQ&A

新型コロナウイルスとは(よくある質問)

高槻市健康危機管理対策本部

高槻市では、新型コロナウイルス感染症の健康危機管理対策本部を設置しました。

高槻市新型コロナウイルス対策本部(旧:高槻市健康危機管理対策本部)について

関連リンク

外部サイトへ新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルス感染症関連情報(トップページ)

外部サイトへコロナウイルスに関する解説及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に関連する情報(国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ)

外部サイトへ新型コロナウイルス感染症について(大阪府ホームページ)

外部サイトへ海外感染症発生情報(厚生労働省検疫所FORTHホームページ)

お問い合わせ先
高槻市 健康福祉部 保健所 健康医療政策課
住所:〒569-0052 高槻市城東町5-7  地図
電話番号:072-661-9330
ファクス番号:072-661-1800
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる