現在の位置

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取組み(緊急事態宣言解除後)

【令和2年5月29日更新】

4月7日、内閣総理大臣から新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出されましたが、5月21日に、大阪府が「緊急事態宣言」の区域から解除され、5月25日には、緊急事態を終了した旨が宣言されました。

市長メッセージ(新型コロナウイルス関連)

市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、市民の皆様には、引き続き、国・府・市から発信される正確な情報をもとに、対応・行動してくださいますようお願いします。

引き続き、「三つの密」を避けるなど、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践をお願いします。

また、市では、「高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション」を策定し、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方の感染を防ぐことで大切な命を守るとともに、医療崩壊を防ぎつつ、社会経済活動を維持するための取組を進めます。

高齢者の命を守る!高槻市新型コロナ防衛アクション

外部サイトへ「人との接触を8割減らす、10のポイント」(厚生労働省HP)

「新しい生活様式の実践例」(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議資料)(PDF:1MB)

大阪府における感染拡大防止に向けた取組み(概要)

期間

令和2年5月30日~7月31日

外出について

府民に対し、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践の継続について協力を要請。

  • 5月31日まで:これまでにクラスターが発生した施設への外出や、府県をまたいだ移動を控えること
  • 6月1日~18日:一部首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、北海道との間の不要不急の移動を控えること

イベントの開催について

開催規模を概ね3週間ごとに順次拡大。定めた参加人数かつ収容率の範囲を目安に開催すること。

参加人数の上限

6月18日まで

  • 屋内:100人以下
  • 屋外:200人以下
6月19日~
7月9日
  • 屋内・屋外:1,000人以下
  • 全国的な人の移動を伴うイベント(プロスポーツ等)は、無観客で開催
7月10日~31日
  • 屋内・屋外:5,000人以下

収容率

  • 屋内:収容定員の半分以内の参加人数とすること
  • 屋外:人と人との距離を十分に確保できること

施設の使用について

6月1日以降、全国でクラスターが発生した施設も含めて、全ての施設の休止要請を解除。

※府民や事業者などに対し、適切な感染防止策の実施と、感染者発生に備えた「大阪コロナ追跡システム」の登録・利用の協力を依頼

外部サイトへ【府民の皆様へのお願い】感染拡大防止に向けた取組み(大阪府ホームページ)

外部サイトへ【施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて(大阪府ホームページ)

外部サイトへ【施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて(大阪府ホームページ)

市の行政サービスについて

今後とも、国や府などと連携し、迅速で正確な情報提供に努めます。

なお、市役所窓口などの業務については、感染予防に努めたうえで、原則として、通常通り実施します。

市が主催するイベントの実施状況、市有施設の利用状況等については、以下のリンクをご覧ください。

イベント等の実施状況について(新型コロナウイルス関連)

市有施設の利用状況(新型コロナウイルス関連)

郵送や電子申請を活用ください(新型コロナウイルス関連)

【6月1日から段階的に再開します】高槻市立小中学校の臨時休業について(5月22日更新)

新型コロナウイルスに係る市立幼稚園、保育所、認定こども園、臨時保育室等の対応について(令和2年5月29日更新)

市役所における感染拡大防止への取組

市は、感染拡大防止のため、自らも最大限取り組む必要があることから、職員体制の工夫に努めるとともに、庁舎管理において、下記のとおり対応しています。

市役所(職員)の感染拡大防止の取り組み(新型コロナウイルス関連)

市役所(庁舎)の感染拡大防止の取り組み(新型コロナウイルス関連)

関連リンク

外部サイトへ首相官邸ホームページ

外部サイトへ大阪府ホームページ

新型コロナウイルス感染症関連情報(トップページ)

お問い合わせ先
高槻市 総務部 危機管理室
高槻市役所 本館4階
電話番号:072-674-7314
ファクス番号:072-675-8184
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる