現在の位置

市道原成合線が開通しました!

【平成30年3月30日掲載】

こんにちは、都市創造部長の梅本です。
厳しかった寒さから解放され、肌で春の訪れを感じる季節になりました。
平成29年度がまもなく終わろうとしていますが、今回のこちら部長室では、この年度末の完成を目標に整備に取り組んできた市道原成合線が完成し、3月17日(土)に開通しましたので、ご紹介したいと思います。

枚方亀岡線

府道 枚方亀岡線側

伏見柳谷線

府道 伏見柳谷高槻線側

市道原成合線は、原地域と成合地域を結ぶ地域間道路

市道原成合線は、原地域の枚方亀岡線から成合地域の伏見柳谷高槻線を結ぶ地域間道路です。原地域や樫田地域等から高槻インターチェンジ方面等へのアクセス性等を向上することで、本市北部地域の振興や活性化とともに、防災性等の向上に寄与することを目的に整備したものです。
また、この道路は、新名神高速道路の整備を契機に計画されたもので、新名神高速道路の工事用道路としての役割も担っていたことから、NEXCO西日本にも一部費用をご負担いただき整備しました。

位置図

原成合線は延長2.1km、幅員9.5mの道路

原成合線の延長は2.1km、幅員は9.5mの道路ですが、本市がこれだけの規模の道路を整備し、一度に開通するのは初めてのことです。
事業費は約22億円ですが、国の社会資本整備総合交付金とNEXCO西日本の費用負担により、本市の純粋な負担は約9億円となるなど、本市の財政負担の軽減を図ることができました。
事業の経過は、平成20年度から調査設計等を行い、その後、用地買収を進め、平成22年度からは工事に着手し、NEXCO西日本に工事を委託する中で、概ね10年で事業が完了したものです。
買収させていただいた土地の面積は約7ヘクタールで、約60件の地権者の皆様からご協力をいただきました。新名神高速道路の事業と合わせて原成合線が完了できましたのも、地権者の皆様のご理解とご協力によるものと深く感謝を申し上げます。

 

アップダウンや曲線、そして植生された法面が特徴

原成合線は、山間部の道路ということでアップダウンや曲線、そして植生された法面が特徴的な道路です。また、同時に桧尾川の整備を行い、治水安全度の向上を図るとともに、蛍が生息しているということもあり、動植物の生育にも配慮して工事を行いました。

山間部の工事のため、天候に左右されやすく工程調整が難しい工事でしたが、工事関係者の緻密な調整とノウハウにより無事に完成しました。

3月17日(土)正午に開通!

式典の様子

原成合線は、3月18日の新名神高速道路高槻~神戸間開通に先駆け、1日前の3月17日(土)正午に開通しました。当日は、関係者の皆様にお集まりいただき、午前10時から開通式典を開催しました。
開通式典では、事業にご協力をいただいた関係者の皆様への感謝とともに、原成合線がもたらす整備効果に期待する声が多く聞かれました。
また、本市黄金の里にある、のびてゆく幼稚園にもご協力をいただき、園児のみなさんが開通を大いに盛り上げてくれました。

のびてゆく幼稚園の園児が歌や竹太鼓等を披露

竹太鼓演奏

開通式典は、幼稚園の先生と園児による竹太鼓演奏で、ほのぼのとした雰囲気のなかスタートしました。そして濱田市長の主催者挨拶、山口市議会議長の来賓挨拶、祝電披露や工事報告の後、サプライズで園児のみなさんから工事関係者の皆様に「お礼のメダル」がプレゼントされました。
その後、園児のみなさんが「ありがとうの花」を歌って、クライマックスの「テープカット」と、幼稚園で手作りしていただいた「くす玉開披」で盛り上げていただきました。みなさんのお陰で、原成合線の開通が記憶に残る素晴らしいものとなりました。園児のみなさんや先生をはじめ関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。
 

3月31日には古曽部天神線が供用します!

さて、今年度は、NEXCO西日本による新名神高速道路高槻~神戸間の開通をはじめ、関連する府道高槻東道路や市道原成合線などの開通が目白押しでした。また、3月31日には新名神関連事業ではありませんが、平成22年度から事業に取り組んでいる西武百貨店北西角から東西に続く古曽部天神線の供用を予定しており、現在の東行き一方通行が東から西向きにも走れるようになります。

これにより、上宮天満宮前の交差点の交通混雑が緩和されるなど、JR高槻駅北エリアの交通ネットワークが向上します。

開通は至上の喜びであり、ご協力をいただいたすべての方々に感謝!!

道路は最も重要な都市基盤ですが、新たに整備するには用地買収が必要となり、地権者の皆様のご理解とご協力を得なければ実現できません。そのためには多くの時間と費用が必要であり、また、用地買収後の工事にあたっても地域の皆様のご理解とご協力が不可欠です。
このようなことからも、道路整備は一朝一夕にできるものでなく、それだけに「開通」は、関係者にとって言葉に表せないくらい嬉しいものです。

道路整備にご理解とご協力をいただきました多くの関係者の皆様に改めて深く感謝を申し上げまして、平成29年度最後のこちら部長室とさせていただきます。
1年間こちら部長室をご愛読いただき、本当にありがとうございました。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
梅本定雄
梅本 定雄
1958年(昭和33年)奈良県(吉野)生まれ。2013年(平成25年)から現職。趣味はマラソンやサイクリングで、パラグライダーも始めました。

ページの先頭へもどる