現在の位置

秋の全国交通安全運動が始まります!

【平成29年9月8日掲載】

こんにちは。都市創造部長の梅本です。

 

日中はまだまだ日差しが強い日もありますが、日に日に秋の深まりが感じられるようになりました。休日には、車や自転車などでお出かけを計画されている方も多いのではないでしょうか。

「秋の日は釣瓶落とし」と言われるように、秋はあっという間に日が暮れ、暗くなります。夕暮れ時に重大な事故が発生しやすいというデータもありますので、自転車利用者、ドライバーの皆様には、十分気を付けていただければと思います。

さて、今年も「秋の全国交通安全運動」が、9月21日の木曜日から10日間実施されます。

そこで今回のこちら部長室では、皆様の外出がより安全で快適なものとなるよう、運動期間に実施予定の交通安全に関する取組やイベントをご紹介します。

9月21日(木)から30日(土)に「秋の全国交通安全運動」を実施

今年の交通安全運動の重点項目は、全国重点が4点あり、1点目は、「子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止」、2点目は、「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止」、3点目は、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」、4点目は「飲酒運転の根絶」です。また、府内では、二輪車の死者数が増加しており、大阪重点は、「二輪車の交通事故防止」となっています。

交通事故の件数や死傷者数は減少傾向にありますが、平成28年中には、大阪府内では161名の尊い命が失われ、本市におきましても残念ながら4名の方が亡くなられています。交通事故は、被害者・加害者の双方を不幸にする憎むべきものです。一件でも多くの交通事故を無くし、安全・安心な生活を送ることができるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

高齢者交通事故現場検証研修会の様子

外部サイトへ平成29年秋の全国交通安全運動(大阪府ホームページ)

外部サイトへ平成29年秋の全国交通安全運動(内閣府ホームページ)

秋の全国交通安全運動初日行事(9月21日)

秋の全国交通安全運動の初日となる9月21日木曜日には、イベントおよび街頭・駅頭指導を実施します。

まず、午前10時からサンスター駐車場(明田町)で、高槻警察署主催による交通安全隊出発式を行います。このイベントは、秋の全国交通安全運動をより一層盛り上げ、市民の皆様に周知するために、交通安全隊による広報啓発や、子ども達による交通安全宣言が行われる予定です。その後、高槻市役所前において街頭指導を行います。

また、午後3時30分からは、JR高槻駅中央地下道・高槻センター街・アクトモール・芥川商店街の4箇所で、めいわく通行自転車街頭指導を実施します。午後4時45分からは、JR高槻駅・阪急高槻市駅の両駅の北口・南口で、秋の全国交通安全運動を周知する駅頭指導を行い、啓発物品の配布による、通行者への啓発活動を実施します。

秋の全国交通運動初日行事(駅頭指導)の様子

私も、濱田市長や交通安全推進協議会の皆様とともに、毎年この街頭指導と駅頭指導に参加しています。今年も一人でも多くの方に、周知・啓発をしたいと考えています。

9月23日と24日に交通安全フェスティバルを開催

さらに、様々なイベントや講習などを通じて、楽しく交通安全に対する意識を高めてもらうことを目的に、「交通安全フェスティバル」が開催されます。

9月23日土曜日には、午後2時から3時まで、アクトアモーレ広場で交通安全フェスティバルを開催します。このフェスティバルでは、大阪府警察本部による交通安全教室を始めとした各種イベントなどを予定しています。

この日は、ガンバ大阪からガンバボーイやガンバチアが応援に駆けつけ、ダンスパフォーマンスや抽選会を行い、イベントを大いに盛り上げてくれますので、ぜひともご参加ください。

また、9月24日の日曜日には、午前10時から午後2時まで、高槻自動車教習所(日向町)を会場にイベントを行います。こちらのフェスティバルでは、子どもを対象にした交通安全教室やクイズ大会、大人を対象にした交通安全講習や防犯講習などを予定しています。また、白バイやパトカー展示、模擬店の出店などイベントが盛りだくさんの予定です。

交通安全フェスティバルの様子

この日は、本市のマスコットキャラクターはにたんも応援に駆けつけ、「はにたんと楽しく自転車チャレンジ」という実技コーナーも実施しますので、皆様のご来場をお待ちしています。

秋の交通安全フェスティバルの開催について

「交通事故ゼロのまち たかつき」を目指して

本年5月に国において、身近な交通手段である自転車の活用の推進に関し、基本理念を定め、国の責務などを明らかにした、「自転車活用推進法」が施行されました。この法律の基本理念の1つに、「自転車の活用の推進は、交通の安全の確保を図りつつ、行われなければならない。 」とあります。これは、自転車がいかに便利で環境に優しく、健康の増進に繋がる素晴らしい乗り物であっても、交通安全のために自転車利用者1人1人がルールやマナーを守った利用を心掛けなければならないものであることから、基本理念に謳われたものです。

また本市においては、国や大阪府に先駆けて、自転車安全利用条例を施行しましたが、施行から早いものでまもなく2年になろうとしております。これまで、その自転車安全利用条例に基づいた様々な取組を行ってきましたが、正直まだまだ十分にご理解いただいているとは言い難い状況です。今後も自転車に限らず、クルマや歩行者も安全・快適に通行できる環境の創出を目指して、啓発活動を含め、地道に粘り強く取り組まなければならないと考えています。

そのためにも、高槻警察署や交通安全推進協議会等とも連携しながら、「交通事故ゼロのまち たかつき」を目指して、引き続き全力で取り組んでまいりますので、市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

それでは皆様、楽しいお出かけシーズンを、安全・快適にお過ごしください。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
梅本定雄
梅本 定雄
1958年(昭和33年)奈良県(吉野)生まれ。2013年(平成25年)から現職。趣味はマラソンやサイクリングで、パラグライダーも始めました。

高槻に住もう!どっちもたかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる