現在の位置

新名神高速道路のアクセス道路が開通します

【平成29年3月24日掲載】

こんにちは。都市創造部長の梅本です。

新名神高速道路事業については、これまでにも「こちら部長室」でお知らせしていますが、いよいよ今年の秋頃には高槻から川西までの間が開通する運びとなっています。

そこで今回のこちら部長室では、新名神高速道路事業とともに高槻インターチェンジへのアクセス道路の開通も含め進捗状況などについてお知らせします。

新名神高速道路について

新名神高速道路は、名古屋市を起点として神戸市にいたる延長174kmの高速道路です。

昭和40年に全線開通した現在の名神高速道路は、東西を結ぶ大動脈として国の発展に大きく寄与してきましたが、交通量の増加による交通混雑や老朽化に伴う大規模修繕などへの対応のため、代替ネットワークの確保が求められていました。このため、新名神高速道路が計画され、西日本高速道路株式会社(ネクスコ西日本)が整備を進めているものです。そして整備が完了した区間から順次供用しており、平成35年度には全線が開通する予定です。

新名神全体図

悲願の高槻インターチェンジがいよいよ開通します

新名神高速道路の名古屋市から神戸市まで約174kmのうち、これまでに整備が完了し、開通しているのは、71kmで、整備中が亀山・四日市間、大津・城陽間、八幡・高槻間、高槻・神戸間の103kmです。平成29年度末には亀山・四日市間と高槻・神戸間が完成する予定です。そして八幡・高槻間は、全線開通と同じ平成35年度を完成目標としています。

なお、高槻・神戸間のうち高槻インターチェンジから川西インターチェンジまでは本年秋頃の開通を予定しています。

高槻市内では順調に工事が進んでおり、高槻インターチェンジジャンクション周辺の土工工事は完了し、料金所などの施設工事にも着手しています。これに伴い、高槻インターチェンジについては、名神高速道路に乗り降りすることもできることから、インターチェンジ部分の工事が完了次第、供用を開始するよう、ネクスコ西日本に要請しています。

高槻IC周辺

高槻インターチェンジ航空写真(提供:NEXCO西日本)

料金所施設工事状況

インターチェンジへのアクセス道路について

ルート図

悲願の高槻インターチェンジが開通したとしても、高速道路を利用する車で市内の道路が混雑することを心配している方も多いと思います。そのため本市では新名神高速道路事業が動き出した平成16年当時から、国や大阪府など関係機関とともに、新名神高速道路が開通しても市内交通環境が維持保全されるよう交通量などをシミュレーションしながら様々な検討を重ね、アクセス道路の整備を順次、進めてきました。

その結果、左記図のとおり大阪府が整備を進めている「高槻東道路(国道171号~高槻インターチェンジ)」と本市が整備する都市計画道路「南平台日吉台線(日吉台芥川線~府道伏見柳谷高槻線)」など新名神高速道路へアクセスする道路の整備を行うことになりました。これら道路の完成により、市内の交通ネットワークが一定確保できるものと考えています。

さらに国による国道171号八丁畷交差点の改良工事や大阪府による大阪医科大学東側の伏見柳谷高槻線の3車線化工事などを進めています。

八丁畷交差点改良

八丁畷交差点改良

伏見柳谷高槻線3車線化

伏見柳谷高槻線3車線化

高槻インターチェンジへの誘導ルートに案内板を設置

市内の各方面から高槻インターチェンジへ誘導するルートについては、国、大阪府、ネクスコ西日本と本市の4者で検討を行ってきました。望ましいルートについては、「わかりやすい」「走りやすい」「中心市街地を避ける」を基本方針として計画しています。現在、このルートをドライバーに適切に案内できるよう、各道路管理者などが案内板等の設置工事を進めています。

案内看板設置例

アクセス道路がインターチェンジに先駆けて開通します

アクセス道路となる高槻東道路や南平台日吉台線については、新名神高速道路に先駆けた開通を予定しています。具体的には高槻東道路(国道171号~伏見柳谷高槻線)は、3月27日(月)午前11時から、南平台日吉台線は、暫定供用となりますが、3月30日(木)正午頃から開通する予定です。

高槻東道路

高槻東道路全景(提供:NEXCO西日本)

南平台日吉台線(撮影:高槻市公園墓地)

高槻インターチェンジの開通にあわせてイベントを開催!

新名神高速道路については、平成7年に都市計画決定された後、道路公団民営化の影響もあり、平成16年に事業実施に向けて動き出してから十数年。名神高速道路が通過しているものの市内にインターチェンジがなかった本市にとって、待ちに待った高槻インターチェンジの開通がいよいよ秒読み段階に入っています。

市では悲願のインターチェンジができることから、多くの市民の皆さんとともにこの開通を記念し、盛大にお祝いするためのイベントの開催を予定しています。

まだイベントの具体的な内容をお知らせできる状況にはありませんが、皆さんの記憶に残る楽しいイベントにしたいと考えています。

イベントの開催日は、インターチェンジの開通に合わせる予定で、夏頃を目安に準備を進めています。

今後決定次第、開通予定とともにイベントの開催案内もいたしますので、楽しみにお待ちいただければと思います。

新名神高速道路と名神高速道路の接続部分(提供:NEXCO西日本)

プロフィール
梅本定雄
梅本 定雄
1958年(昭和33年)奈良県(吉野)生まれ。2013年(平成25年)から現職。趣味はマラソンやサイクリングで、パラグライダーも始めました。

どっちも高槻

ホットニュース

ページの先頭へもどる