現在の位置

まち歩きMAPで高槻の魅力を発見しませんか

【令和3年12月24日掲載】

まち歩きマップ

こんにちは。都市創造部長の新井です。

朝晩の冷え込みも本格的になり、年の瀬も近づいてきました。

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除されて約3ヵ月が経過しましたが、未だ感染予防については気を抜けない日々が続き、大阪府からも混雑している場所や時間を避けて少人数で行動することが要請されています。

こんな時節柄、市内のよい景観を巡るまち歩きはいかがでしょうか。

今回のこちら部長室では、「第1回高槻市景観賞の受賞・入選作品と巡るたかつき景観まち歩きMAP」を紹介します。

高槻市景観賞の受賞・入選作品を楽しむ

今回発行する「たかつき景観まち歩きMAP」では、第1回高槻景観賞で受賞・入選した作品が多く集まる西国街道芥川宿・高槻城下町・富田寺内町の3つの地域を紹介しています。

同賞は、市民の皆さんの景観に対する意識の向上や市への愛着、関心をより深めてもらうために、市内の様々な景観資源や、それらの保護・形成に取り組む人々を表彰するもので、平成29年度に創設しました。

平成29年度の1月から応募作品を募集した第1回では、現地調査や市民投票などの選考を経て、10作品が高槻市景観賞を受賞したほか、多くの作品が入選しました。

 

高槻市景観賞

江戸の宿場町 西国街道芥川宿

写真1

西国街道芥川宿では、江戸時代の絵図にも描かれた芥川一里塚をはじめ、当時、宿場町として栄えた芥川宿の雰囲気を彷彿させる住宅や店舗が今も見られます。

リノベーションされ今もなお親しまれる高槻城下町

写真2

高槻城下町では、その歴史を今に伝える生きた証として、長屋付きの腕木門と塀が囲う武家屋敷や、明治には板垣退助が宿したという江戸中後期の郷宿の遺構も見られます。また、当時酢醸造所だった建物が、今では共同店舗やシェアアトリエとして生まれ変わっているなど、リノベーションされた建物が地域の景観を高めるだけでなく、地域の人が利用する施設として親しまれているものもあります。

由緒ある寺社や酒処が残る 富田寺内町

写真3

また、面格子や本瓦葺の町家が今も残る富田寺内町は、方丈(本堂)が国の重要文化財に指定されている普門寺のほか、同じく重要文化財の木造菩薩坐像が見つかった慶瑞寺など歴史的建造物が多く残っています。江戸時代以降は酒造りの町として栄え、伝統の富田酒を今も作り続けている蔵元と繊細な格子と黒い壁、白い漆喰が織りなす街路景観が楽しめる街並みです。

クイズラリーのクイズの紹介やおいしいお店の情報も

「たかつき景観まち歩きMAP」には、平成28年度までに8回にわたって実施しました「高槻ええとこクイズラリー」で出題したクイズの題材となった場所も掲載しています。クイズと回答は「たかつき景観まち歩きMAP」に掲載している2次元コードからアクセスできるようになっていますので、景観賞の建造物だけでなく、地域に根付いている歴史の背景にもぜひ触れてみてください。

また、まちの賑わいにつながる魅力的なお店の出店をサポートする「高槻“魅力あるお店”応援プロジェクト」を活用して令和2年度までに出店したお店も「たかつき景観まち歩きMAP」に掲載しています。まち歩きの際には、ぜひお立ち寄りください。

公園と、タルト

公園と、タルト

オステリアセーザモ

オステリアセーザモ

高槻ええとこクイズラリー

「たかつき景観まち歩きMAP」はホームページ、市役所、支所、図書館で入手できます

「たかつき景観まち歩きMAP」は市ホームページからダウンロードできるほか、高槻市役所 本館1階行政資料コーナー、6階 都市づくり推進課・総合センター8階 観光シティセールス課窓口、各支所、中央図書館、小寺池図書館、芝生図書館、阿武山図書館、服部図書館、ミューズ子ども分室のほか、高槻市観光協会でも配布しています。

最後に

澄んだ空気の中、長年守り育まれてきた景観を見て歴史に想いを馳せたり、新しくまちを彩る現代のデザインを見たりして、たかつきをまるごと味わってみませんか。高槻市の魅力を新たに知る機会としていただければ幸いです。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
新井 進の写真
新井 進
1962年(昭和37年)、兵庫県生まれ、2歳から高槻市民。2019年(平成31年)4月から現職。座右の銘は「笑う門には福来たる」。

ページの先頭へもどる