現在の位置

「どっちもたかつき」の新ポスターが完成!鉄道中吊り広告などに掲出します

【平成29年10月23日掲載】

皆さんこんにちは、総合戦略部長の上田です。

10月22日から23日にかけて近畿・東海地方に、台風第21号が接近・上陸しました。本市では、倒木や法面崩壊、道路冠水などの被害がありましたが、人命に関わるような事案はなく、胸をなで下したところです。日ごろから災害に対して関心を持ち、備えていただけたらと思います。

さて、今回は定住促進プロモーション事業の今年度の取り組みについてご紹介します。

「どっちもたかつき」キャンペーンをご存知ですか

どっちもたかつきロゴ

定住促進プロモーション事業は、「あれもこれもが叶う街、高槻に住もう!どっちもたかつき」をキャッチフレーズに、本市が有する住む街としての魅力を市内外に発信することで、良好な都市イメージを定着させ、将来的な定住人口の増加につなげることを目的にしています。

これまでも、「都市も、自然も。」「通勤も、子育ても。」「歴史も、未来も。」など、本市の多彩な魅力をFMラジオやラッピング市営バスをはじめとした様々な媒体を活用して、広く情報発信してきました。

JR西日本の全普通電車に新しいビジュアルの中吊りポスターを掲出

平成29年度の取り組みとしては、平成29年10月25日(水)から平成29年10月31日(火)までの間、JR西日本(京阪神エリア)の全普通電車に「どっちもたかつき」の中吊りポスターを掲出します。1車両につき1枚、本市のポスターが掲出されますので、JRをご利用の際にはぜひ探してみてください。

 

そして今回から、ポスターデザインが新しくなっています。充実した都市機能をはじめとする本市の住む街としての魅力について、視覚に訴えることが狙いです。メインコピーの「Life Advancity」は、life(生活、人生)、advance(前進する、進歩する)、city(都市)の造語で、ぜひ本市で、就職や結婚、出産、子育てなど、充実したライフステージを進めていただきたいとの願いが込められています。

「どっちもたかつき」中吊りポスター

JR大阪駅と京都駅のデジタルサイネージにも併せて掲出

JR大阪駅御堂筋口にあるデジタルサイネージ

中吊りポスターの掲出に併せて、平成29年10月23日(月)~平成29年10月29日(日)、JR大阪駅の中央口と御堂筋口、JR京都駅の地下鉄連絡口と地下東口のデジタルサイネージ(電子看板)に、同じデザインの広告を掲出します。3種類の広告デザインが切り替わり、高槻の良好な都市イメージを発信します。鉄道中吊り広告と併せて掲出することによる相乗効果を期待しています。仕事やお出かけの際に、ぜひご覧ください。

「どっちもたかつき」デジタルサイネージ

ちなみに、ポスターで使用している写真の撮影場所ですが、市街地の風景写真は南平台5丁目の旧ぷーるぴあからの眺望で、女性が階段を降りている写真は白梅町の弁天こ線橋です。

「アクティブ」をテーマにインスタグラムフォトキャンペーンを開催中

さて、ここからは昨年度に引き続き実施しているインスタグラムフォトキャンペーンについてご紹介します。

インスタグラムフォトキャンペーンチラシ

今年度のキャンペーンは、お祭りや運動会、スポーツ、アウトドアなど「アクティブ」なシーンをテーマに、高槻で撮った“大好き”な写真を募集しています。ハッシュタグは、昨年度からの「#たかつきdays」に加え、キャンペーン用として「#takatsukiインスタグラマー」を追加しました。ぜひ皆さんと一緒に高槻市の魅力を発信していきたいと思います。

写真を投稿していただいた方の中から、抽選で50名様に、はにたんグッズをプレゼントします。「#たかつきdays」と「#takatsukiインスタグラマー」でどんどんタグ投稿してください。さらに、高槻市民でキャンペーンを盛り上げてくれた人は「Good Takatsuki インスタグラマー」として、アカウントと投稿写真を「どっちもたかつき定住促進・特設ウェルカムサイト」でご紹介する予定です。素敵なプレゼントもあります。詳しくは同サイトをご覧ください。

外部サイトへどっちもたかつきインスタグラムフォトキャンペーン

高槻市の認知拡大、住む街としての理解深化、シビックプライドの醸成のために

「どっちもたかつき」キャンペーンの目的は、本市の良好な都市イメージを定着させ、定住人口の増加につなげることです。そのためには、様々な接点で対象者に合わせた情報発信に取り組まなければなりません。

 

本市をまだ知らない人には、まずは知ってもらう(=認知の拡大)、高槻市の名前は知っていても、どんな街か知らない人には、住む街としての魅力を理解していただき、居住地として選んでもらわなければなりません(=住む街としての理解深化)。一方、市民の皆さんには、本市の魅力を再発見・再認識し、愛着を深めていただき、今後も住み続けていただければと願っています(=シビックプライドの醸成)。

 

今年度の取り組みも、このような観点から内容を組み立てています。市民の皆さんにおかれましては、インスタグラムフォトキャンペーンをはじめ、楽しみながら本市プロモーションにご参加いただければ幸いです。皆さんで本市の魅力を発信していきましょう。

関連リンク

外部サイトへ【たかつきウェルカムサイト】どっちもたかつき

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
上田 昌彦
上田 昌彦
1958年(昭和33年)、大阪府生まれ 。2015年(平成27年)8月から現職。健康のため、ウオーキングを始めました!

どっちもたかつき インスタグラムフォトキャンペーン 募集中 定住促進特設ウェルカムサイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる