現在の位置

「関西大学 たかつき アイスアリーナ」でスケート教室を開催しました!

【平成29年6月12日掲載】

皆さんこんにちは。総合戦略部長の上田です。

入梅というものの、空梅雨を思わせるような天気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

関西大学たかつきアイスアリーナでスケート教室を開催

さて、今回は、5月28日に、市内在住の小学校3年生から6年生を対象として開催した「関西大学 たかつき アイスアリーナ 市民開放デイ スケート教室」をご紹介します。

関西大学と共同で開催しているこのイベントは、大学との連携事業の一つで、市民のスポーツ振興に寄与することを目的としています。

平成18年度から開催しており、今年度で11年目となりました。毎年、多くの応募をいただく人気のイベントで、今回も82名の子どもたちが元気に滑走しました。

「関西大学 たかつき アイスアリーナ」ってどんなところ?

関西大学たかつきアイスアリーナ

「関西大学 たかつき アイスアリーナ」は、霊仙寺町の関西大学高槻キャンパス内にあります。

日本各地でスケートリンクの廃止が相次いでいた中、平成18年に、日本の大学では初めてとなる国際競技規格を満たすスケートリンクとして誕生しました。このアイスアリーナは、正課授業での活用や、関西大学アイススケート部とアイスホッケー部および併設校の課外活動の活動拠点となっています。

関西大学は、このアイスアリーナを市のイベントや近隣の小・中・高等学校、大学に開放していただくなど、積極的に社会・地域貢献に取り組まれています。

また、同アイスアリーナは、宮原知子選手や本田真凛選手などの練習拠点となっており、今年4月には、織田信成さんが同大学アイススケート部の監督に就任されたことも大きな話題となりました。

スケート教室の先生は関西大学学生のみなさん

スケート教室の様子1

先ほどご紹介したスケート教室では、関西大学のアイススケート部やアイスホッケー部の皆さんが、子どもたちにスケートを教えてくださいました。また、レッスンは、初心者にも楽しんでいただける内容となっており、子どもたちはスケートの基礎的な滑り方や安全な転び方などを教わりました。

スケート教室の様子2

学生の皆さんの丁寧な指導によって、子どもたちは見る見るうちに滑ることができるようになりました。

レッスンの後は、自由滑走!

自由滑走の様子

1時間のレッスンが終わると、残りの1時間は自由滑走の時間。

仲良しのお友達と滑ったり、学生のお兄さんやお姉さんにもう一度滑り方を教わったりと、みんなが思い思いの時間を過ごしました。

スケート教室を終えて

このスケート教室には、初めてスケートをする子どもたちもたくさん参加しています。学生のみなさんの丁寧な指導で、子どもたちはそれぞれのペースで滑り方を身に付け楽しんでいました。転んでも諦めずに頑張っている子どもたちの姿は本当に素晴らしかったです。

来年の2月頃には、市内在住の小学校1年生から6年生までを対象とした「親子スケート教室」も開催されます。近隣市にはない本格的なスケートリンクでアイススケートを楽しんでもらえる貴重な機会ですので、ぜひ皆さんも参加してみてください。

大学と連携した取組について

昨年度の夏休みこども大学の様子

今回は、「関西大学 たかつき アイスアリーナ 市民開放デイ スケート教室」をご紹介しましたが、この取組以外にも市内の大学と連携した取組がありますのでご紹介します。

市では、市内にある関西大学、平安女学院大学、学校法人大阪医科薬科大学それぞれと協定を締結しており、「夏休み子ども大学」などの開催を通じ、市民の皆さんと大学・学生との幅広い交流を進めるなど、大学と連携したまちづくりに取り組んでいます。

大学と連携したイベントや講座の開催については、随時、広報誌やホームページなどでお知らせしていますので、皆さんのご参加をお待ちしています。

引き続き、大学との連携を深め、大学が有する研究機能や大学生の感性と行動力を生かしたまちづくりの実現に取り組んでまいります。

 

大学関連事業(講座・催し)

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
上田 昌彦
上田 昌彦
1958年(昭和33年)、大阪府生まれ 。2015年(平成27年)8月から現職。健康のため、ウオーキングを始めました!

どっちも高槻

ホットニュース

ページの先頭へもどる