現在の位置

「合葬式墓地」へのたくさんのお申し込みありがとうございます

【令和元年9月20日掲載】

はじめまして、市民生活環境部長の平野です。
8月13日付の機構改革で、旧産業環境部から環境系の業務を移管し、新たに市民生活環境部がスタート、同日付で旧教育管理部から市民生活環境部の部長に着任しました。

市民生活環境部は、市民の皆様の生涯に寄り添う分野を所管して、皆様にとって市役所が身近に感じられる業務を担当しますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、暑さも少し落ち着き、秋を感じるようになりました。

今回は、秋のお彼岸を迎え、平成31年4月1日の供用開始から5カ月が経過した合葬式墓地の利用状況などについてのご報告と合わせて、今年度後期分の募集についてご案内します。

約千人が来場!「開所・お披露目会」を開催しました

合葬式墓地開所・お披露目会の様子

合葬式墓地のオープンに先立って、春のお彼岸期間の3月21日に「開所・お披露目会」を開催しました。

合葬式墓地のシンボルモニュメントや記名板などを見ていただける初めての機会ということもあり、開所式には約300人、お披露目会には約1,000人の市民の皆様にご来場いただきました。ありがとうございました。

合葬式墓地開所・お披露目会の様子

ご来賓や多くの市民の皆様にご来場いただいたこともあり、会場が狭く感じるほどでした。

皆様からは「いつから申込めるの」「お花はどの場所に供えるの」「故人のお骨はどこに埋蔵するの」など、非常に多くのご質問をいただきました。

 

今年度前期のお申し込み状況

合葬式墓地全景

合葬式墓地でも桜の花が咲く、4月1日から申込受付を開始しました。受付初日は花冷えの中、早朝5時から来庁された方もおられ、皆様の関心の高さがうかがえました。

申請受付に並ばれる方たち

写真は、午前8時頃の市役所前の様子です。申し込みに来られた皆様の列は、この後も延びていきました。

申込件数は、最初の1週間で814件、4月だけで1,571件、6月末までの前期分で、合計2,528件ものお申し込みをいただきました。

私たちの予想をはるかに上回ったことで、事務処理に時間を要し、使用許可証をお渡しするまでに、お時間をいただくことになりました。

初めて迎えた8月のお盆

合葬式墓地

8月のお盆期間は、故人を偲ぶ方や新しい墓地に興味を持つ方が合葬式墓地にたくさん訪れました。

合葬式墓地では、献花をしたり、シンボルモニュメントや記名板の前で手を合わせておられる姿も見られました。

合葬式墓地からの眺め

また、合葬式墓地の眼下に広がる高槻市内の街並みだけでなく、遠くの「あべのハルカス」や「エキスポシティ」を見つけた方からは、「良い場所に立派なお墓をつくってくれた」と感謝のお言葉までいただきました。

後期分の利用者の募集を行います!

ご好評いただいています合葬式墓地は、令和元年10月1日(火曜日)から12月27日(金曜日)まで、今年度の後期分として利用者の募集を行います。

合葬式墓地は10,000体の埋蔵が可能です。「先着順での受付終了」や「抽選」になることはありませんのでご安心ください。 申込資格や使用料などの詳細については、下記関連リンクのページをご覧ください。

皆様からたくさんのお申し込みをお待ちしております。

関連リンク

合葬式墓地の使用者を募集

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
平野 徹の写真
平野 徹
1962年(昭和37年)、高槻生まれ高槻育ち。I LOVE 高槻! 2019年(令和元年)8月から現職。自称「グルメ」。美味しいお店を探しています。

ページの先頭へもどる