現在の位置

「高槻市観光情報コーナー」が開設しました!

【平成30年1月24日掲載】

みなさん、こんにちは。産業環境部長の土井です。

さて、年末年始で市外へと帰省された方、実家である高槻にご家族が帰ってきた方など、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方々にもぜひ利用していただきたい、高槻の新たな観光情報発信の拠点が12月25日にオープンしました。

今回のこちら部長室では、阪急高槻市駅の2階の行政サービスコーナー跡地にオープンした「高槻市観光情報コーナー」と、12月24日に開催されたオープニングイベントの様子をご紹介します。

観光情報コーナー外観

駅から直結!抜群の立地を生かしての情報発信

土産コーナー1

本施設は阪急高槻市駅2階の改札を出てすぐ、阪急高槻市駅行政サービスコーナー跡地に開設しました。

これまでJR高槻駅に高槻市観光協会が運営する観光案内所がありますが、もう一つの玄関口である阪急高槻市駅にも観光情報拠点が開設されたことで、より一層便利になりました。

内観

また、同施設内には、高槻市観光協会の事務所が移転し、観光案内はもちろん、市バスの定期券も販売しています。

営業時間は観光協会と同じく、火・木・土は9時から17時まで、市バスの定期券を販売している月・水・金は9時から19時30分までとなっています。観光協会スタッフが様々な観光情報をご案内しますので、お近くにお越しの際は、ぜひ一度お立ち寄りください。

案内図

「たかつき土産」紹介コーナー

皆様は旅行や出張などでお出掛けした際、また帰省する際などに、お土産に何を買ったらよいのか悩んだ経験はありませんか?

この施設には、今年度から高槻商工会議所がスタートさせた「たかつき土産」を紹介するコーナーを設けています。

土産2

土産4

高槻寒天、三箇牧トマト、鵜殿のヨシといった特産品を使った品や、北摂三銘酒にも数えられる富田の地酒、埴輪や古墳など歴史を感じる工芸品に、可愛いはにたんグッズまで、高槻の魅力が詰まった「たかつき土産」がずらり。

友達や親戚が遊びに来られた時、ちょっと市外にお出掛けする時には、この「たかつき土産」、そして本コーナーを活用していただけたら幸いです。

なお、本コーナーでの「たかつき土産」の販売は現在準備中ですので、もうしばらくお待ちください。

オープニングセレモニー&オープニングイベント!

オープン前日の12月24日には、記念セレモニーおよびイベントを開催しました。 

オープニングセレモニーでは、多くの関係者の方々にお越しいただき、施設の完成を祝っていただきました。

テープカット

オープニングイベントは阪急高槻市駅高架下広場で行い、高槻で活動している音楽団体「高槻唄まきstatioN」のクリスマスライブともコラボレーションしました。寒い中でしたが、心温まる演奏に多くの方が足を止め、また、はにたんもこの日はクリスマスの衣装を着て、イベントを盛り上げてくれました。

唄まきイベント1

唄まきイベント2

クリスマスはにたん

観光大使

ステージには観光協会の「たかつき観光大使」のお二人も登場し、この日からパンフレットの配布を開始した体験交流型の観光イベント「オープンたかつき2018新春」をはじめとした観光PRをしていただきました。

今年で設立50周年を迎えた高槻市観光協会ですが、新しく観光発信の拠点もでき、より充実したPRが楽しみです。観光大使の一層の活躍も期待されています。

土産ブース

また、商工会議所の皆様には「たかつき土産」の販売ブースを設けていただきました。どのお土産も好評で、最後には、ほとんどの商品が完売となりました。

最後に

阪急高槻市駅にオープンした本施設は、既存の観光情報の発信強化を担うことはもちろん、今後、整備が進められていく安満遺跡公園や新文化施設、城跡公園といった新たな集客施設に多くの来訪者をお招きするという役割も見据えています。

誰もが気軽に立ち寄ることができ、高槻の魅力を知っていただける場所、また「オープンたかつき」や「たかつき土産」といった市と観光協会、商工会議所などが連携した新しい観光の取組を発信できる施設として運営してまいりますので、皆様ぜひお越しください。

 

高槻市観光情報コーナー

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
土井 恵一
土井 恵一
1965年(昭和40年)大阪府生まれ。2017年(平成29年)4月から現職。趣味はジョギング。高槻シティハーフマラソンにも出場しました。

どっちもたかつき インスタグラムフォトキャンペーン 第2弾 定住促進特設ウェルカムサイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる