現在の位置

秋のイベント”第四弾”「高槻にはアートイベントが満載!」

【平成29年12月20日掲載】

皆さん、こんにちは。産業環境部長の土井です。

いよいよ冬本番の寒さがやってきました。体調を崩しやすい季節になりましたので、くれぐれもお気をつけください。

さて今回は、11月に開催された高槻のまちを芸術で彩った2つのアートイベントを紹介します。

第17回たかつきアート博覧会が開催

たかつきアート博覧会は「10万人が仲良くなるアート博」をスローガンに、若手アーティストの育成・発掘、人と人とを繋ぐことでコミュニティーや商業の活性化などを目指すイベントです。

今回で第17回目を迎えた「たかつきアート博覧会」では、コアイベントDAYの11月18日・19日には様々な企画が催されました。

アート博覧会ポスター

前夜祭「キャンドルナイト」でプロジェクションマッピングを実施

前夜祭として、11月18日に弁天公園で「キャンドルナイト」が開催されました。毎年テーマが変わり、今年は「未来」をテーマとしたキャンドル装飾がなされ、2,000個のキャンドルが優しい輝きを放っていました。

さらに今年は、高槻商工会議所創立70周年記念企画として、関西大学総合情報学部の皆さんにご協力いただき、プロジェクションマッピングも行われました。

プロジェクションマッピングとは、CGと特殊な映写機器を使って、建物に映像を映し出すもので、今回は音楽に合わせ、はにたんやドラゴンなどの映像がダイナミックに映し出され、多くの観客を魅了しました。

プロジェクションマッピング

未来を灯すキャンドル

タイムカプセルに入れる10年後の自分への手紙を作成

また、自分の手形を使ったスタンプアートを作成し、手紙として10年後の自分に送るタイムカプセル企画が行われました。この企画も高槻商工会議所創立70周年を記念したものです。11月19日にアクトドームにおいて、タイムカプセルがたかつきアート博覧会の瀧本実行委員長から高槻商工会議所の金田会頭へ贈呈されました。タイムカプセルは、2027年に行われる「たかつきアート博覧会」で開封されるまで、高槻商工会議所で保管され、12月末頃から展示予定です。皆さんもぜひ一度ご覧いただければと思います。

 

タイムカプセルの授与式

タイムカプセルに入れる手紙を制作する子どもたち

今年も高槻センター街に巨大絵画が出現!

タイムカプセル授与式のあとには、高槻センター街のアーケードに展示されている巨大絵画の表彰式が行われました。今年は「そらをとぶ○○」をテーマに、市内の幼稚園や小学校、支援学校から巨大絵画の出展をいただいたほか、高槻東ロータリークラブのご協力のもと、福島県やカンボジアの子どもたちにも作品出展に参加していただきました。合計23枚の色とりどりのユニークな巨大絵画が高槻センター街を彩り、JR高槻駅では、巨大絵画の紹介シートが駅コンコースの天井や駅構内のテナント店舗入口に展示されました。

そらをとび大賞を受賞した高槻双葉幼稚園の園児たち

巨大絵画の紹介シート

19日のコアイベントDAYは各所で催しを開催

このほか、コアイベントDAYでは、「はにわパレード」や「シャッターアート」など全13種のアート企画が行われ、多くの皆さんに楽しんでいただきました。ご紹介できなかったイベントは、アート博覧会のホームページやfacebookをご覧いただければと思います。

【はにわパレード】

子どもたちがはにわの衣装とかぶりものを作り、はにたんとパレード!

【シャッターアート WITH DAAS】

壁画師・ストリートアーティストである現代美術作家のDAAS(ダース)氏がグリーンプラザ1号館のシャッターに色鮮やかな絵画を描きました。

外部サイトへたかつきアート博覧会ホームページ

外部サイトへたかつきアート博覧会facebook

今城塚古墳公園でcome come*はにコットが開催

11月26日には、今城塚古墳公園で古代とアートの祭典「come come*はにコット vol.7」が開催されました。この「come come*はにコット 」は今城塚古墳を舞台として、古代をテーマに作り手、食文化の魅力を発信する野外イベントです。第7回を迎えた同イベントでは日本各地の古墳やハニワをテーマにしたライブステージをはじめ、古代をモチーフにしたグッズや、フードを販売するブースが多数出店され、とても多くの人で賑わいました。

ライブステージも大盛況

会場内には、2つのステージが設置され、外濠はにわステージでは子ども達のダンスや各地ゆるキャラ達のステージが、また内濠こふんステージでは、高槻出身のアーティストである「ウルフルケイスケ」さんや、古墳にコーフン協会会長で、古墳シンガーである「まりこふん」さんといったミュージシャンの熱い演奏が繰り広げられました。古墳や古代に関する音楽が演奏され、それに合わせて、ゆるキャラたちがダンスをし、会場は大盛り上がりでした。

内濠こふんステージ

外濠はにわステージ

最後に

今年も高槻では「たかつきアート博覧会」、「come come*はにコット」と、アートイベントが満載の秋となりました。自然や文化、歴史などが豊富な高槻ですが、この「アート」も高槻の秋の風物詩の一つとして定着してきています。また来年にはなりますが、これらのアートイベントは秋の深まる11月頃に開催予定です。芸術の秋にはアート溢れる高槻にぜひお越しください。お待ちしています。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
土井 恵一
土井 恵一
1965年(昭和40年)大阪府生まれ。2017年(平成29年)4月から現職。趣味はジョギング。高槻シティハーフマラソンにも出場しました。

どっちもたかつき インスタグラムフォトキャンペーン 第2弾 定住促進特設ウェルカムサイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる