現在の位置

私たちのまち「高槻市」をもっと知ろう!~自分たちのまちの良い所を発見する~

【平成29年8月22日掲載】

こんにちは。

教育指導部長の横山です。

厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、小学校3年生の庁舎見学について、ご紹介します。

小学校3年生の社会科では、身近な町を通じて社会を知るために、自分たちの住んでいる市や地域について、地形の様子や土地の使われ方、市街地の広がりや主な公共施設を調べる学習を行います。

本市の小学校3年生は、『私たちのまち「高槻市」をもっと知ろう。自分たちのまちの良い所を発見する』をテーマに調べ学習に取り組んでいます。そこで、5月~7月にかけて高槻市について学習をする小学校3年生が市役所を訪れ、議場や中央図書館などの施設を見学したり、総合センターの屋上から、高槻市の町並みを見るなどして、学びを深めました。

議場見学

子どもたちは初めての高槻市議会「議場」見学を行った後、教育委員会事務局の職員から議会のしくみ、議会の仕事や話し合い方法などを学びました。その際、熱心にメモをとる様子や職員から出される質問(議会で決められる予算とその使い道について)に対して、元気よく手を挙げて答えている子どもたちの姿がとても印象的でした。

この議場では、今年の2月に「高槻市児童生徒議会」が開催されています。市内の小中学校の児童会、生徒会の代表が学校のリーダーとして集まり、社会に参画する態度や自治的な能力を育成するために、自分たちの身近な課題について解決に向け話し合いました。

子どもたちは、普段入ることがない議場を見学し、話を聞くことで、議会の役割や市の仕事が決められている流れを知り、市の仕事を理解する一助となったのではないでしょうか。

高槻市児童生徒議会

高槻市議会傍聴入口

(左)高槻市議会傍聴入口

高槻市議会議場内の様子

(右)高槻市議会議場内の様子

職員からの質問に,積極的に手を挙げている児童の様子

職員からの質問に、積極的に手を挙げている児童の様子

わたしたちのたかつきしぎかい パンフレット

「わたしたちのたかつきしぎかい」 パンフレット

総合センター展望フロアからの見学

議場見学の後、地上80mの総合センターR階展望フロアに上がり、高槻市周辺の地形や交通の様子、主な公共施設の場所などを調べました。展望フロアからは、北は丹波高地に連なる北摂山地が楔形に食い込んだ形をしていること、丘陵部では東西にはしる名神高速道路や、建設中の新名神高速道路本線と高槻インターチェンジの工事の様子、高槻市が誇る郷土の歴史遺産の青龍三年の丘「安満宮山古墳」も見ることができます。次に南を見ると三島平野が広がり、ごみ焼却熱を利用した温水プール施設「クリンピア前島」や高槻城跡地にある城跡公園などを見渡すことができます。景色を見た子どもたちからは、「とても景色がきれいで色々なものが見られてよかった」「山の風景もきれいで感動しました」などの感想がありました。

子どもたちは、展望フロアから望むことで、高槻の自然や歴史、これからの街の発展を知ることができたのではないでしょうか。ここからさらに、自分たちの学びたいことを見つけ、深く学んでほしいと思います。

展望フロアからの景色(北)

展望フロアからの景色(南)

めざす子ども像ロゴマーク

庁舎見学では、自分たちの住んでいる身近な地域やまちの様子が場所によって違うことや、公共施設の役割などを学ぶことができました。このような機会を通じて、日々の生活を守り、よりよい社会をつくるための市の仕事を知ることで、社会の仕組を知り、市に愛着をもつきっかけになればと思います。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
横山 寛
横山 寛
1960年(昭和35年)、大阪府生まれ。2016年(平成28年)4月から現職。趣味はサッカー観戦。

高槻に住もう!どっちもたかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる