現在の位置

市民防災シンポジウムを開催します!

【令和元年9月6日掲載】

皆さん、こんにちは。危機管理監の佐々木です。真夏の焼けつくような暑い日々は過ぎ、夕暮れ時の涼しさに秋の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

昨年の大阪府北部地震や台風第21号から1年が経過しました。本市では、昨年の災害の経験を踏まえ、今後の災害に備えるべく防災力の向上を目的として、様々な取組を進めているところです。

さて、今回のこちら部長室は、9月7日(土曜日)に実施する市民防災シンポジウムと8月10日に実施しました地域防災総合訓練についてご紹介します。

市民防災シンポジウム

市民防災シンポジウムチラシ

 

開催日:令和元年9月7日(土曜日)

時間:午後2時~午後4時

場所:高槻現代劇場大ホール

※入場無料。参加者に記念品を贈呈します。

 

目的

市では過去の災害事例や本市における地震や風水害の被災経験をもとに、災害対策としての施設整備や防災に関する啓発などを推進するとともに、自主防災組織等の各団体と連携し、地域における防災対策を実施してきました。しかしながら、昨年の大阪府北部地震や台風などの際には、これまで準備してきた取組が十分に効果を発揮できない場面もありました。

昨年の災害を受け防災意識が高まっている今、多発する風水害や南海トラフ地震などの災害に備えるため、市民団体や企業、教育機関、医療機関など、防災に係る関係団体と災害リスクに対する危機意識を共有しながらワークショップを開催し、今後取り組んでいく具体的な内容を「市民防災行動目標」として設定しました。この市民防災行動目標に向かって、継続して防災に関する各種取組を行うことで、持続的に市民防災力が向上することを期待しています。

シンポジウムでは、市民防災力の向上を目的に、災害リスクと今後の防災行動について考えます。

ワークショップ

「市民防災行動目標」の策定にあたり、7月27日(第1回)と8月17日(第2回)にワークショップを開催し、団体間や団体内部で活発な議論を行いました。

第1回では、関係者同士顔の見える関係を構築するため、(1)各団体における防災への取組と(2)近年の災害時の対応状況を話し合いました。

第2回では、団体ごとに今後の取組や目標について話し合い、「市民防災行動目標」をまとめました。

第1回市民防災ワークショップ

第2回市民防災ワークショップ

内容

第1部 市民防災行動目標の策定について

ワークショップでの検討経過や策定した市民防災行動目標について、発表を行います。

第2部 基調講演

第1部で発表した市民防災行動目標について、さらに理解を深めるため、東京大学大学院情報学環客員教授の松尾一郎さん、関西大学社会安全学部教授の永松伸吾さんによる基調講演を行います。

第3部 パネルディスカッション

「これからの市民防災」をテーマに、濱田市長およびワークショップに参画した団体によるパネルディスカッションを実施し、今後の取組につなげていきます。

防災について、何か始めたいけれど、何から始めれば良いか悩まれている方など、本シンポジウムに参加することで「自分もできることから始めよう!」と考える機会になると思います。9月7日は、ぜひシンポジウムにご参加ください。

市民防災シンポジウムを開催しました

市民防災シンポジウムチラシ(PDF:1.1MB)

高槻市地域防災総合訓練を実施しました

8月10日に、堤運動広場、堤運動広場体育館および芥川河川防災ステーションにて、高槻市防災会議の主催で高槻市地域防災総合訓練を実施しました。今回の訓練では、近畿地方に接近する台風の影響による風水害・土砂災害を想定し、実践的な訓練を行いましたので、主な訓練を紹介します。

水防資機材搬送訓練の様子

水防資機材搬送訓練

大阪府茨木土木事務所及び市復旧部が、水防拠点である芥川河川防災ステーション(※平時は清水池コミュニティセンターとして利用)から堤運動広場横河川敷まで水防資機材を搬送する訓練を実施しました。芥川河川防災ステーションから河川敷までの緊急交通路を実際に通行し、安全に搬送できることを確認しました。

新たに導入したドローンを活用

災害時に安全性の確保が難しく人が立ち入れないような危険な場所等を空中から撮影し、被害状況の調査などが可能なドローンを今年度新たに導入しました。訓練では、このドローンを活用し、芥川の河川水位や堤防の状況を確認しました。ドローンで撮影した映像は見学席などに設置したモニターに映し出しました。

ドローンによる情報収集訓練

ドローンによる情報収集

ドローンで撮影した映像

ドローンで撮影した映像

その他、住民避難誘導訓練や水防訓練、総合救助訓練に加え、防災関係機関による各種啓発を実施しました。当日は非常に暑い日でしたが、合わせて29機関、約700人の方にご参加いただきました。

今回の訓練では、改めて防災関係機関での連携を強化することができました。訓練等を通じて、日頃から顔の見える関係を構築していることが災害時の円滑な対応につながります。訓練に限らず、日常的に情報交換を行うことなどにより、更なる連携強化に努めていきます!

本訓練にご参加、ご協力いただきました皆さん、誠にありがとうございました。

 

住民避難誘導訓練

住民避難誘導訓練

水防訓練の様子

水防訓練

総合救助訓練

総合救助訓練

展示ブース

展示・啓発コーナー

市民避難訓練を実施します

先にご紹介しました地域防災総合訓練は、防災関係機関による訓練が主な内容でしたが、今後も様々な訓練を実施していきますので、積極的なご参加をお願いいたします。

ここで、市民の皆様に今後開催する訓練についてお知らせします。

11月24日(日曜日)に市内南西ブロック(概ね芥川とJRで市内を4分割したうちの南西地域)において、コミュニティ市民会議との共催で市民避難訓練を実施しますので、当該エリアにお住まいの市民の皆様はぜひご参加ください。訓練実施日が近づきましたら、改めてご案内します。

訓練に参加することで、実際に災害が発生した際に慌てず落ち着いて行動することできます。また、被害を最小限に抑えることにもつながりますので、市民防災力を向上させるためにも、訓練に参加しましょう。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
佐々木 靖司の写真
佐々木 靖司
1961年(昭和36年)、高槻市生まれ。2016年(平成28年)4月から現職。趣味は登山。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

高槻に住もう!たかつき ウェルカムサイト 定住促進特設サイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる