現在の位置

高槻市医師会と連携した取組を紹介します!

【平成29年12月27日掲載】

こんにちは、健康福祉部長の西田です。

本年も残すところ、数日となりました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、この度、高槻市医師会が創立70周年を迎えられたことをご存知でしょうか。市医師会は、286の医療機関と666名の会員(平成29年12月1日現在)により構成されており、会員規模は府内3番目の規模と伺っております。昭和22年の創立以来、医道の高揚や医学の発展のため日々研鑽されるとともに、公衆衛生の啓発、地域医療の向上等、市民の健康、生命を守るために、大きな役割を果たしておられます。

本市では、市民の皆さんの安全・安心や健康増進のための取組として、様々な関係機関の協力のもと、様々な事業を展開していますが、今回は市医師会と連携した取組の一部をご紹介します。

健(検)診の受診環境の向上

本市では、健康寿命の延伸に向けて、特定健診やがん検診等の各種健(検)診を実施しております。

市医師会をはじめ、各地域の医療機関におかれましては、市民の皆さん一人ひとりの状況に応じた受診しやすい環境を提供するため、また、より多くの方に受診していただけるよう体制整備や啓発等にご尽力いただいております。

また、がん検診においては、より精度(質)の高い検診の実施に向けて、市医師会の各がんの専門医の先生方にご協力を賜りながら、検診の充実を目指した体制づくりを進めております。

さらに、今後導入を予定している、胃がん検診への内視鏡検査についても、国の指針に沿って安心・安全に実施できるよう、市医師会と連携して取り組んでいます。

災害対応力の強化「災害医療救護訓練」

市医師会主催で、「第12回災害医療救護訓練」が9月9日に北清水小学校で開催されました。平成19年から実施されている災害医療救護訓練は、当時としては全国でも例の無い、医師会主導による現場対応訓練として実施されたものです。

医師を中心とした医療関係者が、避難所や救護所における医療対応などの訓練を行うことで、災害医療に関するスキルアップを図るとともに、防災関係者との相互協力の強化を目的としています。

 

当日は医療関係者が、けがをされた避難者などの緊急度に応じて救急搬送や治療の優先順位を決める「トリアージ」を中心に、市の災害対策本部との情報伝達訓練や、地区コミュニティ及び自主防災組織との避難者受入訓練などを行いました。

こういった訓練を継続的に行うことは、医療関係者と防災関係者の方々の災害時における対応力が高まるとともに、参加された市民の皆さんの防災意識を高めることにも繋がると考えています。

本市も含めた関係機関との連携により、「災害に強いまちづくり」が今後一層進んでいくものと考えております。

健康・医療知識の啓発「市民医学講座」

市民の皆さんの健康の保持増進や健康意識の向上を目的に、市医師会と本市の共催で、市民医学講座を毎年開催しております。市内の様々な分野の専門医の先生方にご講演をいただいており、今年で39回目を数えました。

今年度は、「知っておきたい身近な病気」をメインテーマといたしまして、9月7日、21日、28日、10月19日と全4回にわたり、「不整脈」、「骨粗しょう症」、「白内障」、「呼吸器感染症」について、それぞれの専門の先生方からご講演いただき、専門医ならではの知識や経験を交えながら、分かりやすく、日常の生活に活かせる情報をお話しいただきました。

本市としましては、この市民医学講座をはじめ、市民の皆さんに様々な情報発信をしていくとともに、定期的な健診の受診等を通じて、日々の健康管理を意識していただき、健やかな生活を送っていただければと願っております。

身近な地域医療から、いざと言うときの救急医療、更には災害医療に至るまで

市医師会には、「かかりつけ医」の推進や救急医療体制の確保、また「高槻市医師会看護専門学校」の運営を通じて、地域医療を支える数多くの質の高い看護師を輩出される等、本市の医療環境の充実に多大な貢献をいただいております。また、今回ご紹介した事業だけではなく、予防接種も含めた感染症対策、母子保健、学校医など、本市の健康医療施策の推進にご尽力いただいている事業は数多く、大変、心強く感じております。

今後も引き続き、市民の皆さんが健康で幸せに暮らせるまちの実現のために、市医師会をはじめ、関係機関と協力し、健康寿命の延伸に向けた取組を進めてまいります。

こちら部長室バックナンバー

こちら部長室

プロフィール
西田 誠
西田 誠
1963年(昭和38年)、大阪府生まれ。2015年(平成27年)8月から現職。趣味はギター演奏。

どっちもたかつき インスタグラムフォトキャンペーン 第2弾 定住促進特設ウェルカムサイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる