現在の位置

水道管の防寒対策について

寒波や夜の冷え込みなどで、水道管内の水が凍結して、じゃ口から水が出なくなったり、水道管が破裂したりすることがあります。特に、屋外に露出している水道管や、風あたりの強いところにある水道管には注意してください。

寒さから水道管を守りましょう

最低気温がマイナス3度以下になることが予想される場合、水道管が凍結するリスクが高まります。みなさまのご家庭の水道管をもう一度点検してください。

特に凍結しやすい水道管

  • 屋外でむき出しになっている水道管
  • 風あたりの強い所にある水道管
  • 北向きの日当たりの悪い所にある水道管

凍結を防ぐ方法

水道管やじゃ口の部分に保温材を取り付けてください。この保温材として、取り付けの簡単な市販品か、布切れなどを、濡れないように巻き付けてビニルテープで固定してください。

また、水道管内の水が常に流れている状態であれば凍結しにくくなりますので、じゃ口から少量の水を出しておくことで予防できる場合もあります。ただし、出した分の水については水道料金がかかりますのでご注意ください。

水道管が凍って水が出ないとき

タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。あわてて、熱い湯をかけますと水道管が破裂する恐れがありますので、けっして、熱い湯はかけないでください。

 

対処方法

水漏れがあったとき

水漏れ修理(有料)は、下部のリンク先をご覧ください。

水道トラブルへの対処-こんなときは

お問い合わせ先
高槻市 水道部 管路整備課
〒569-0067
大阪府高槻市桃園町4番15号 地図
電話番号:072-674-7922
ファクス番号:072-674-7750
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる