現在の位置

平成29年12月定例会開会に当たってのあいさつ

平成29年11月30日、平成29年12月高槻市議会定例会の開会に当たって、濱田市長が本会議場で述べた内容です

皆様、おはようございます。

開会に当たりまして、一言、御挨拶を申し上げます。

今議会には、15案件を付議いたしておりますが、これらに先立ちまして、閉会中における行政上の主要な事項につきまして、御報告いたします。

 

まず始めに、新名神高速道路の開通について、御報告いたします。

御案内のとおり、新名神高速道路の高槻-川西間につきましては、高槻ジャンクション・インターチェンジを含めて来月10日、午後3時に開通すると、NEXCO西日本が発表されました。また、高槻-神戸間の全線開通については、これまでどおり平成29年度末を目指し工事を進めておられます。

多くの市民が心待ちにしていた高速道路の開通を歓迎するとともに、本市の更なる発展の契機となる高速道路の整備に御尽力いただきました、NEXCO西日本並びに関係各位に、心より感謝申し上げるところです。

なお、本市では、開通日の当日、開通直前の高速道路を歩いていただけるウォーキングイベントを開催し、開通を多くの方々とお祝いしたいと考えております。

 

次に、台風第21号の対応及び被害状況について、御報告いたします。

本市におきましては、台風の影響による大雨・暴風に備え、10月22日午後4時に災害対策本部を立ち上げ、土砂災害の危険の高まった樫田地域・川久保地区・JR以北住宅地域の住民を対象に避難勧告を発令するとともに、避難所27か所を開設し、最大30名の避難者を受け入れました。

市域における人的被害につきましては、暴風による転倒で3名が救急搬送されましたが、いずれも軽症で、人命に関わるような被害は発生いたしませんでした。

また、物的被害につきましては、道路冠水6件、倒木75件、土砂崩れ3件、法面崩壊・落石1件等であったほか、民間建築物についても屋根の損壊などに伴う罹災証明の発行に関し、約70件の申請がございました。被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

なお、学校施設の被害や林道における倒木等の被害が発生したため、今議会に所要の補正予算を計上しております。

 

次に、今月13日に高槻警察署との間で、「特殊詐欺被害防止対策の協力に関する協定」を締結いたしましたので、御報告いたします。

本協定は、市民を特殊詐欺の被害から守るため、高槻警察署と連携し、各種被害防止対策に取り組むことで、市民が安全・安心に暮らせる社会づくりを推進することを目的としております。

今回の協定の締結により、高槻警察署との連携を一層強化し、市民の特殊詐欺被害防止に努めてまいります。

 

次に、「平成29年度高槻市市民避難訓練」について、御報告いたします。

本訓練は、今月25日午前10時から、コミュニティ市民会議との共催で、本市北西地域を対象に、6つの地区コミュニティ組織に御協力いただき、実施いたしました。

対象地域内の小中学校7か所の避難所を開設し、地域が主体となった受付や炊き出しのほか、避難所運営訓練や資機材取扱訓練などを実施し、参加者総数は訓練協力者等を含め、約1400人でございました。

このうち、土室小学校では、校舎内に要配慮者を受け入れる福祉避難室等の専用スペースを設置するなど、避難所運営マニュアル策定を見据えた訓練を実施いたしました。

また、防災協定締結企業の参加により、協定内容に基づき支援物資や資機材を活用した訓練等を実施いたしました。

本訓練を通じまして、災害時における地域住民と方面隊等との互いの役割認識が図られ、今後、発生しうる災害に備えて、引き続き地域住民と連携した取組を進めてまいります。

 

ここで、先日発生いたしました大阪府三島救命救急センターにおける多剤耐性菌の保有患者発生事案について、御報告いたします。

 

今月18日、大阪府三島救命救急センター内において、多剤耐性菌である「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌」が複数名から検出されたとの報告が、同センターからありました。

この細菌は、抗生物質に耐性があり、通常は感染症を起こすことはありませんが、重症患者など抵抗力の低下した患者では重篤な感染症の原因となりうるため、同センターでは、直ちに新規患者の受入停止や保菌者の隔離を行うなどの対応を行っております。

また、あわせて、同センターから、地域の二次救急医療機関及び近隣の三次救急医療機関に対し、患者受入れについて協力依頼を行っております。

なお、同月21日に、本市保健所と大阪医科大学の感染症専門医が合同で立入調査を行い、院内の感染症対策に問題がないことを確認しております。

本市といたしましては、引き続き同センターと情報共有を図りながら、患者受入れの再開に向け、適切に対応してまいります。

 

最後に、訴訟事件について、御報告いたします。

 

まず、史跡嶋上郡衙跡及び史跡安満遺跡の仮設広場の管理に関する住民訴訟については、本年3月に大阪高等裁判所が控訴人の請求を棄却した判決を不服として、控訴人が上告及び上告受理申立てをしておりましたが、9月29日、最高裁判所は上告棄却及び上告不受理を決定し、本市の全面勝訴が確定いたしました。

 

次に、平成27年3月に小学校の卒業式において、英語指導助手の出席を認めなかったことが、不当労働行為に該当するという大阪府労働委員会の救済命令を不服として、本市がその取消しを求めていた訴訟について、10月2日、大阪地方裁判所において、判決の言渡しがありました。

判決は、大阪府労働委員会の命令を取り消すというもので、本市の全面勝訴でございましたが、相手方は、判決に不服であるとして控訴し、今月29日、大阪高等裁判所から本市へ控訴状が送達されました。本市といたしましては、訴訟代理人を選任の上、適切に対応してまいります。

 

次に、大字奈佐原内の里道・水路及び大字岡本財産区の所有する土地に関する住民訴訟については、本年4月に、大阪高等裁判所が控訴人の請求を棄却した判決を不服として、控訴人が上告及び上告受理申立てをしておりましたが、7月19日、大阪高等裁判所が上告却下、今月16日に最高裁判所が上告不受理を決定し、当方の全面勝訴が確定いたしました。

 

次に、老人クラブに対する補助金に関する損害賠償等の請求に係る住民訴訟については、本年3月に大阪高等裁判所が控訴人の請求を棄却した判決を不服として、控訴人が上告及び上告受理申立てをし、10月13日、大阪高等裁判所から本市へ上告受理申立て通知書等が送達されました。本市といたしましては、訴訟代理人を選任の上、適切に対応してまいります。

 

最後に、新たに提起された2件の住民訴訟について、御報告いたします。

1件目は、沢良木町地内にある里道が占有されており、それに係る地代相当額を徴収していないことの違法確認等を求めるもので、10月19日、訴状及び呼び出し状が、大阪地方裁判所から送達されました。

 

2件目は、城跡公園内に市民会館を建て替えることが都市公園法等に反するとして、当該建て替えに係る公金支出の差止め等を求めるもので、今月7日、訴状及び呼出状が大阪地方裁判所から送達されました。本市といたしましては、いずれにつきましても、訴訟代理人を選任の上、適切に対応してまいります。

 

以上で、行政報告を終わり、引き続き今議会に提案しております15議案の概要を説明させていただきます。

 

まず始めに、報告案件といたしまして、「平成29年度高槻市一般会計補正予算(第2号)の専決処分報告について」を提案いたしております。

 

次に、条例案件といたしまして、「高槻市手数料条例中一部改正について」など3件を提案いたしております。

 

次に、その他案件といたしまして、「高槻市営川西住宅の指定管理者の指定について」など3件を提案いたしております。

 

最後に、予算案件でございますが、「平成29年度高槻市一般会計補正予算(第3号)」のほか、5特別会計、財産区会計、1企業会計の計8件につきまして、所要の補正を提案いたしております。

 

以上が、今議会に当初提案しております議案の概要ですが、詳細につきましては、後ほど、それぞれ説明してまいりますので、よろしくお願い申し上げまして、開会にあたりましての御挨拶といたします。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
高槻市 総合戦略部 政策経営室
高槻市役所 本館3階
電話番号:072-674-7392
FAX番号:072-674-7384
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
お問い合わせフォーム(携帯電話用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただきます。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

どっちもたかつき インスタグラムフォトキャンペーン 募集中 定住促進特設ウェルカムサイト

ホットニュース

ページの先頭へもどる