現在の位置

光化学スモッグ発令情報について

光化学スモッグが発生しそうなときや発生したときには、光化学スモッグ予報や注意報などを発令します。

発令があったときは、外出を控えるなどの対応をとるよう努めましょう。

発生を迅速に知るには

おおさか防災ネット(防災情報メール)に登録すると、光化学スモッグ等の防災情報がメールで届きます。

外部サイトへおおさか防災ネット(防災情報メール)の登録方法はこちら(外部サイトへつながります)

発生状況を知るには

府内の光化学スモッグの発令状況をリアルタイムで提供しています。

本市は北大阪地域(5の地域)です。

外部サイトへ現在の発令状況(大阪府のサイトへ)

外部サイトへこれまでの発令履歴(大阪府のサイトへ)

発令区分と発令基準は以下のとおりです。

発令区分

発令基準
予報 その地域のオキシダント濃度が0.08ppm以上であり、気象条件からみて注意報の発令基準にいたると考えられるとき
注意報 その地域のオキシダント濃度が0.12ppm以上であり、気象条件からみてその状態が継続すると考えられるとき
警報 その地域のオキシダント濃度が0.24ppm以上であり、気象条件からみてその状態が継続すると考えられるとき

 

発令されたらどうしたらいいの?

光化学スモッグの発令があったときには

  • 外出を控えるようにしましょう。
  • 目がチカチカしたり、のどが痛くなったときには、水道水で目を洗ったり、うがいをしたりしてしばらく安静にしていましょう。

お願い

光化学スモッグ注意報などを発令したときには、工場などでばい煙の排出量を削減するなどの措置をとってもらっています。みなさんも自動車の使用を控えるようにしてください。

光化学スモッグってなに?

工場の煙や自動車の排ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素が大気中で強い太陽光線を受けると光化学反応をおこし、光化学オキシダントという有害な物質が生成されます。この物質によるスモッグを光化学スモッグといい、目がチカチカしたり、のどが痛くなったり、植物に悪い影響が出たりすることがあります。

どんなときに発生するの?

光化学スモッグは日差しが強く、気温が高く、風の弱い日に発生しやすくなります。特に遠くの山や建物がいつもより見えにくいなど、もやのかかったような視界の悪い日には十分注意しましょう。

お問い合わせ先
高槻市 産業環境部 環境保全課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7486
FAX番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※内容によっては回答までに日数をいただく場合があります。

ページの先頭へもどる