現在の位置

PM2.5(微小粒子状物質)の測定状況について

本日のPM2.5データ

高槻市では、桃園町に設置している「高槻市役所局」及び南庄所町に設置している「庄所局」の2か所でPM2.5の測定を実施しています。

高槻市を含む大阪府域の最新のデータ(最近7日間の速報値)及び注意喚起情報は、以下からご覧いただけます。

外部サイトへPM2.5データ一覧

外部サイトへ大阪府-府内の本日のPM2.5濃度状況及び注意喚起について

手順

PM2.5高濃度予測時の注意喚起等について

大阪府における注意喚起

 大阪府では、PM2.5濃度が国の暫定指針値(日平均値70μg/m3)を超えることが予測されると判断した場合、注意喚起を行います。
 なお、その際は大阪府ホームページに表示及び防災情報メール(おおさか防災ネット)で配信されます。

PM2.5リーフレット(大阪府)(PDF:731.8KB)

注意喚起の判断方法

 府域を6つの地域に分けて、地域ごとに濃度レベルを算出した上で、1つの地域でも判断濃度を超えた場合には、大阪府の全域に注意喚起を行います。
※6つの地域:大阪市、堺市、北摂(高槻市該当)、北・中河内、南河内、泉州

朝の判断濃度

 地域内の複数の一般環境大気測定局の午前5、6、7時の1時間値の平均値の2番目に大きい値が85μg/m3を超えた場合

昼の判断濃度

 地域内の複数の一般環境大気測定局の午前5時から12時までの1時間値の平均値の最大値が85μg/m3を超えた場合

注意喚起時の行動の目安

・屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす。
・屋内でも換気や窓の開閉を必要最小限にする。
・呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢の方は体調に応じて、より慎重に行動する。

黄砂情報が大阪管区気象台から発表された場合

大阪府では、黄砂が飛来した際にPM2.5の濃度が注意喚起の指針値を超えたことがあり、黄砂飛来時には濃度が高くなる可能性があります。

このため、大阪管区気象台から地域黄砂情報が発表された場合は、国の指針による注意喚起とは別に、大阪府ホームページに表示及び防災情報メール(おおさか防災ネット)で配信されます。

防災情報メール登録について

 以下の登録ページよりご登録ください。

外部サイトへ登録ページ(大阪府)

 ご登録の際は、次のように選択してください。

  • 配信地域の選択では、「高槻市」 を選択。
    (※「大阪府全域」を選択した場合、多数のメールが配信されますので、ご注意下さい。)
  • 配信条件の選択では、「お知らせ」 を選択。

PM2.5とは?

大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5μm以下の粒子のことをいいます。

PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、呼吸器の奥深くまで入り込みやすく、呼吸器疾患、循環器疾患などの影響が懸念されます。

発生源としては、物の燃焼などによるもの、自動車、船舶、航空機等の人為起源のもの、土壌、海洋、火山等の自然起源のものがあります。

PM2.5の環境基準

1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。

※「1年平均値」は、日平均値の年平均の値。
※「1日平均値」は、年間の日平均値のうち、低いほうから98%目に相当する値。
※環境基準とは、人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として定められているものであり、基準を一時的に超えることがあっても、直ちに健康に影響を与えるものではありません。 

関連リンク

外部サイトへ環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ー日本全国のデータ

外部サイトへ環境省ー微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

外部サイトへ大阪府-微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

お問い合わせ先
高槻市 産業環境部 環境保全課
高槻市役所 本館5階 
電話番号:072-674-7486
FAX番号:072-661-3198
お問い合わせフォーム(パソコン・スマートフォン用
※フォームでのお問い合わせは回答までに日数をいただく場合があります。
お急ぎの場合は必ずお電話でお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる